ホームTabtterについて料金・プラン機能ビジネスヘルプ Tabtter Freeへ

ヘルプ

※試用版では一部の機能に制限があります。詳しくは「料金・プラン」をご覧ください。

※このヘルプは試用版や無料のTabtter Freeでは、存在しない機能や、一部仕様が異なる箇所がありますのでご了承ください。

クライアント

タブ

新着チェック

現在表示しているツイート以降の最新のデータを読み込みます。 タブをダブルクリックすることでも行えます。 自動更新が設定されている場合は、その間隔で自動チェックします。自動更新はタイムライン別に設定でき、設定は、タブパネルの新着チェックボタン右横の歯車のアイコンから行います。 (ホーム、@、DMを除き、自動更新は該当タブが開いている時にのみ有効です。また、更新間隔の設定はタブを閉じても保存されたままになります。)
尚、「基本設定」→「フォーカスが移動時に新着チェック」をオンにした場合、タブのフォーカスが移動した時に、更新時間がホーム、@、DMで15分、その他のタブで1時間以上経っていた場合に自動的に新着チェックを行います。

リロード

タブ個別のキャッシュを破棄して最新のデータを読み込みます。 新着チェックと違いキャッシュを完全に破棄してタブを作り直すので、表示や挙動がおかしいと感じた時に使ってみてください。

自動更新(新着チェック)

Tabtterではタブごとに自動更新間隔を設定できます。 設定は、タブパネルの新着チェックボタン右横の歯車のアイコンから行います。 基本的にはタブが閉じている時は自動更新することはありませんが、ホーム、@、DMに関しては特別で、タブが開いていない場合も、設定されている更新間隔で新着チェックします。 この場合に新着があった場合は、ツールバー上のアイコンに件数が通知されます。
尚、サイドカラム一番下の自動更新設定がもっとも優先度が高く、タブの個別設定よりも優先されます。

自動更新間隔は最短で15秒に設定できますが、非常に多くのAPIを消費するためこれは常時使用できる間隔ではないことに十分ご注意ください。 180/15minのハイボリュームのタイムラインでも、当サイトのプロキシとTwitterへの負荷軽減のため必要以上に短くしないでください。尚、1分未満の設定は60分間だけ有効です。60分以上経つと更新間隔は自動的に1分に変更します。
また、ホーム等、APIがもともと少ないタイムラインは最短で1分となります。全てのタブの自動更新間隔は設定メニューから確認できます。

新着表示の保留

タイムラインを読んでる最中等に新着ツイートをタイムラインに反映させると位置が変わったり、タイムラインを切り詰めてしまうような問題が発生するため、 スクロール位置がトップ以外にある場合は取得したツイートをすぐにタイムラインに反映せず表示を保留します。 ただし、非アクティブなタブの場合、最後にアクティブになってから10分以上経過している場合は、スクロール位置に依らず保留しません。
新着が保留されている場合は青い新着マークで通知され、保留された新着件数をクリックするかスクロールを一番上に戻すことで、 保留した新着をタイムラインに反映させることができます。
尚、手動での新着チェックはスクロール位置に関係なくすぐに反映されます。

新着件数

新着チェックで新しいツイートがあった場合、その件数が通知されます。 しかし、ミュート、NGワードを使うと新着で取得したツイートが実際には表示されない場合があります。 この時、新着件数はこの非表示分を除外した実際に表示される件数を通知します。 尚、アクティブなタブで新着チェックをした時に、表示ツイートがある場合はその件数が、取得ツイート自体が0の時は「新着なし」がタブパネル上に表示されますが、 取得ツイートはあり、表示ツイートが0の場合は、何も表示されません。
ただし、NGワードやミュートが除外されるのは新着表示が保留されない場合だけで、新着表示が保留される場合は、単純に取得したツイート数を通知します。
尚、新着件数はタブを開く(アクティブにする)ことでクリアされますが、件数自身をクリックすることで、タブを開かずにクリアすることもできます。

新着プレビュー

非アクティブなタブやツールバー上のホーム、@、DMに新着があった場合は、そのタブまたはアイコンにオンマウスすることで新着のヘッドラインを10件まで表示できます。 この機能は「基本設定」でオフにすることも出来ます。 ミュートやNGワードは通常の新着(既に反映された新着)には適用されますが、保留された新着には適用されません。

新着スクロール

新着を取得した場合、保留状態でなければ、新着位置に自動でスクロールします。 非アクティブなタブで新着を取得し、そのタブにフォーカスした時も、新着にスクロールします。 新着へ移動したくない場合は、基本設定の「動作」→「新着ツイートにスクロール」のチェックを外すと、新着にはスクロールせず、位置を変えずに新着を上につぎ足すようになります。 ただ、この場合、スクロール位置がトップにある場合は、常にトップに移動します。
期待される新着スクロールの挙動は、利用者のその時点での利用状態(ツイートを読んでいるのか放置しているだけなのか等)による部分が大きく、 すべてのケースに対応することは非常に困難であり、必ずしも、期待する動作にならない場合もあると思いますが、仕様としてご理解ください。

タブの数

(PCのリソース次第ですが)開ける数に制限はありません。

タブメニュー

タブ上で右クリックか、タブパネルの右横の▼から開けます。 タブ固有の設定等が行えます。

タブカラー

タブの色はタブメニューから自由に設定できます。
ユーザータブの場合は、タブカラーと当該ユーザーのカラーラベルは同一となります。 (ユーザータブのタブカラーをカラーラベルと呼んでいます。) これらを別々に設定したり、どちらかだけを設定するようなことは出来ません。

カラー置換ツール

タブカラーの色を置き換えたり統合したい時には、「カラー置換ツール」を使用します。

ユーザーストリーム

※この機能はGoogleChrome限定の機能で、尚且つ、Chromeに拡張機能のTabtter UserStreamsHelperをインストールする必要があります。

ユーザーストリームは、リアルタイムでホームや@、DM、さらに各種イベント(いいねされた等)を取得できるAPIです。 Tabtterでは、拡張機能によって対応します。

利用手順

  1. Chromeストアから、Tabtter UserStreamsHelperをインストール
  2. Tabtterのクライアントで、「設定」→「ユーザーストリーム設定」から、ユーザーストリームを使用するアカウントを設定
  3. 自動的にユーザーストリームに接続します。
  4. 接続状態やエラー等も「設定」→「ユーザーストリーム設定」から確認できます。
ユーザーストリームで使用できるアカウントは3アカウントまでとなります。 ユーザーストリームを使用する場合、ホーム、@、DMはユーザーストリームで取得できるため、クライアントから通常のAPIでの新着チェックはできなくなります。 (リロードは可能)

ツイートの取り扱い方法(ホームと@の振り分け)

ユーザーストリームでは、ホームで取得できるツイートや@の取り扱いが異なります。 基本的にフォローしているいないに関わらず取得したすべてのツイートはホームに流れます。 @タブへの振り分けは、単純に本文に自分のスクリーンネーム(@..)が含まれているかどうかで判別します。 (つまり、@タブに振り分けたツイートは必ずホームにも含まれます。)
基本的に、Twitterが流してくるデータに手を加えず表示していますので、どういったツイートを取得できるかはTwitter次第であることをご了承ください。 公式ミュート、ブロック、リツイート非表示は対象ユーザーのIDリストを別途取得してTabtter側でフィルタリングしていますが、各ブロックを変更してすぐの時や、IDリストの取得に失敗した時は、適用されない場合もあります。

通知に関して

ユーザーストリームで取得したデータは、デスクトップに通知可能で、何を通知するかも個別に設定可能です。 タイムライン系の新着通知は、リツイートは除外されます。(あなたのツイートをリツイートした場合はイベントとしても扱われ、そこで通知可能です。) 尚、ホーム、@、DMは、ユーザーストリームを使わなくても、タイムライン別に通知設定が可能ですが、 ユーザーストリームを有効にした場合、この設定は無視されます。 また、デスクトップ通知の仕様がいくつか異なります。違いは以下の通りです。
  • 通常の(タイムライン別の)デスクトップ通知は、ウインドウとタブがアクティブな時は通知されませんが、ユーザーストリームでの通知は、ウインドウとタブの状態に関係なく常に通知します。
通知は、クライアントで選択されているアカウントに依らず行われます。 ただし、これはデスクトップ通知のみで、サウンド通知はアクティブなアカウントのみで行われます。 (ホーム、@、DMのサウンド通知は、ユーザーストリーム専用の通知ではなく、通常の新着通知と同じロジックが使われます。このため、非アクティブなアカウントのサウンド通知は、タイムラインへの反映時(該当アカウントに切り替わった時)に行われます。)

イベントに関して

ユーザーストリームでは、誰かがあなたのツイートをリツイートしたりいいねした等のイベントも取得可能なため、これらもデスクトップ通知可能です。 通知しないイベントもイベント履歴として保存されるので、 取得したすべてのイベントは、「設定」→「ユーザーストリームイベント履歴」から、いつでも見ることが可能です。(ショートカットキー(e)でも開けます。) 履歴は過去1000件まで保持しますが、これはローカル保存なため取得したPCと異なるPCからはアクセスできないのでご了承ください。 また、クライアントを起動していない間に起きたイベントは当然履歴でも見られません。
ホーム、@、DMのサウンド通知と異なり、イベントのサウンド通知を有効にした場合は、アカウントがアクティブかどうかに依らず、デスクトップ通知と同時に必ずサウンドでも通知します。(デスクトップ通知しないようにしているイベントはサウンドも通知しません。)

使用上の注意

  1. ユーザーストリームは、安定した常時接続環境での利用を前提としています。接続を繋ぎ直すために、短い間隔で何度も対象アカウントを変更したり、ブラウザを再起動するようなことはお止め下さい。(守っていただけない場合は、当サイトでの利用を制限させていただく場合もありますので、ご注意ください。)
  2. 拡張機能をインストールしているにもかかわらず、設定メニューで「使える状態になっていない」と出る場合は、Chromeの拡張機能の設定(URLにchrome://extensions/と打ち込む)をご確認ください。
  3. 通常の方法に比べると常時接続するため、PCに負荷がかかります。特にトラフィックが大きいアカウントの場合は、ご注意ください。
  4. アカウントは3つまでユーザーストリーム接続可能ですが、必要のないアカウントは使わないでください。
  5. ユーザーストリームは同一IPからの接続がTwitterにより制限されているようです。つまり、共有アカウントや同一ネットワークでチーム利用するような環境での利用は避けてください。
  6. エラー等で切断された場合、致命的エラーでなければ、5回まで再接続を試みます。再接続不能な場合は、自動的に通常のストリームを使わないモードに切り替わります。最終的に接続不能と判断すると、ブラウザを完全に再起動するまでは、再接続は行いません。
  7. あまりにも通知が多すぎるとブラウザやPCがハングアップする可能性があるので、その場合は、設定で一時的に通知やユーザーストリームの使用を外してください。

デスクトップ通知

※この機能はブラウザの仕様に強く依存するため、使用OSやブラウザのバージョン等に依っても挙動が変わる場合があります。 特に、通知を閉じるまでの時間は、ブラウザによって上限が設定されていることが多いため、設定通りにならない場合があります。

現在のところ、この機能はGoogleChromeやFireFoxの最新のバージョンのみ対応しています。
デスクトップ通知はブラウザ側でデフォルトはオフになっている場合があります。この場合事前にブラウザで許可しておく必要があります。
  1. ブラウザの設定でデスクトップ通知を使用できるようにする。(ブラウザのヘルプ等をご覧ください)
  2. Tabtterの「基本設定」→「デスクトップ通知」で「通知あり」を選択する。(ここでブラウザ側から通知機能の使用許可を求められるので「はい」を選択します。ここで使用許可をブロックすると、再度利用するにはブラウザ側で再設定する必要が生じる場合があります。)
  3. 通知したいタブの自動更新設定(新着チェックボタンの右の歯車のアイコン)から「デスクトップ通知」オプションをチェックする。
通知は、通知対象タブで新着(リツイートは除く)を取得した時に、そのタブが非アクティブかブラウザが非アクティブの時に通知します。 ブラウザの制限により、一度に表示できる通知は3件までです。それ以上の通知が溜まっている順次表示されていきますが、この場合は、設定より少ない時間で非表示になります。 尚、デスクトップ通知は、新着表示が保留される場合もミュートやNGワードが適用され、該当する場合は通知されません。 また、表示する位置は、ブラウザ(通知ボックス)の設定に依ります。

ツイート保持件数

ツイート保持件数は、タイムラインあたり最大何件のツイートを保持(表示)できるかを設定します。 この件数はタブの切替えやスクロールの快適さ等あらゆるパフォーマンスに影響します。
どの程度が許容範囲かは、PCの性能、ブラウザに大きく依存しますが、 初期値はノートPC等でも十分快適なように、50件と最も少ない値で設定しています。 用途にもよりますが、基本的には、不都合を感じるようであれば増やし、逆にタブの切替等にストレスを感じるようでしたら件数を少なくするようにしてください。

タブ別の個別設定
ツイート保持件数は、タブ別に個別設定可能です。(タブを右クリック) この場合は、個別設定が優先されるので、全体は最小限の件数に留め、必要なタブだけ増やすような使い方がお勧めです。 尚、個別設定は、アカウント毎に保存されます。
続きを読むでの保持件数
続きを読むで取得したツイートには、「基本設定」→「タイムライン表示」→「ツイート保持件数」→「続きを読むにも適用」をオフにした場合は、保持件数の上限は適用されません。 つまり、公式クライアント同様に永遠とツイートを継ぎ足していくのでご注意ください。 ただし、上限を超えて読み込んだツイートも新着チェックで新着を取得した時には、上限件数に切り詰められます。
最終的に、どの程度まで読み込めるかは、利用しているPCの性能等に依りますが、いずれにせよ性能上の上限は必ずあるので、 古いツイートまで読み込むことを優先させたい場合は、「基本設定」→「ツイート保持件数」→「続きを読むにも適用」をチェックしてください。 この場合、続きを読むでも、保持件数×2(保持件数が200件以上の場合は+200件まで)を超えた場合、ギャップを作り一定の件数に収めながら、古いツイートを読み込めます。 (もっとも、ホームやメンション、リストといったタイムラインは、Twitter API自体の上限として800件までしか遡れませんので、主に検索TLでの話になります。)

サイドカラム

各タイムラインはサイドカラム上でも見ることができます。 @、DMタブは固定で、それぞれ、あなた宛とDMを開きます。 TLは任意のタイムラインを表示できます。
サイドカラム上のタイムラインと、該当タブで表示するタイムラインは完全に同期していて、 ミュートやNGワードも適用された状態で表示します。
TLタブにタイムラインを表示するには、右横の▼から選択するか、メインエリアで開いているタブをドラッグ&ドロップします。 また、ユーザーをドラッグ&ドロップすることもできます。
尚、表示できるのはタイムラインだけで、フォロワーリストやトレンド等は表示できません。

ユーザースライドボックス

メインエリアのタインライン中のユーザー名や文中の@をクリックした時は、専用のスライドボックスで開きます。 これは、タイムラインを離れることなく、ユーザーの新着ツイートを気軽に確認できるようにすることを目的とした機能です。
尚、この機能はメインエリアのタイムライン中(及びユーザーリストタブ)のユーザー名をクリックした時だけが対象で、 ユーザーアイコンをクリックした時や、履歴等からユーザーにアクセスする時は、タブで開きます。 また、スマホ・タブレットでは、この機能は常にオフで、ctrl( or shift)+クリックや、基本設定→動作→「ユーザースライドボックスを使わない」でもオフにできます。

グループ(抽出タブ)

グループはホームで取得したツイートをユーザーやキーワードでグループ分けして別のタブに抽出できる機能です。 これによりホームと連動した仮想的なタイムラインを自由に作ることができます。 グループはリスト機能に似ていますが、リストと異なりグループはあくまでホームから抽出したツイートのストックなため、 連続したストリームでは無いことにご注意ください。 このため、グループ単位で新着チェックすることはできませんし、「続きを読む」機能もありません。

各グループへの抽出と振り分けは、ホームの新着チェック、及びリロード時にのみ行われます。 グループオプションで「ホームから取り除く」をチェックすると、ホームTLから取り除かれホームには表示されなくなります。 チェックしなければ、ホームからコピーするだけです。

ホームの「続きを読む」で続きを読んだ分は振り分けの対象にならないことに注意してください。 例えば、「続きを読む」でグループに移動したはずのツイート(取り除く設定にした場合)が表示されることがありますが、 これは仕様です。

グループへのユーザーの追加は、ユーザーアイコンをクリックして出る追加メニューから以外にも、 ドラッグ&ドロップでの追加も可能です。
ユーザーアイコンや、ツイート中の@..を長めにマウスダウン(ボタンを押しっぱなしにする)と、 対象ユーザーIDを含むボックスが現れるので、そのボックスを抽出タブにドロップします。

※抽出タブはローカルストレージの永続的なキャッシュとして保存します。 このため、グループが多すぎるとキャッシュ容量を圧迫し正常な動作に支障をきたす場合があるので、 全てのアカウントの合計で、GoogleChrome・Safariでは15~20程度、その他のブラウザも30以下を作成グループ数の上限の目安にしてください。

※キーワードの記述方法は、マッチングルールに従います。

グループ・抽出タブの最もスタンダードな使い方は、重要なユーザーのツイートを見落とさないようにすることですが、 他にも工夫次第で様々な使い方ができます。
例えば、注目しているトピックのキーワードを羅列したグループを作れば、自動的にマッチするツイートが蓄積され、それはご自身にとって価値のあるタイムラインになります。 また、「ホームから取り除く」オプションを使って、プライオリティの低いユーザーを隔離することもできます。

設定・履歴のセーブロード

Tabtterのクライアントには、各種設定やカラーラベル、グループ、履歴等多くのユーザー設定があります。 これらの設定・履歴の多くはブラウザのローカルストレージ機能を使用して保存していますが、その保存状態は必ずしも恒久的ではなく、 ブラウザ側の操作等により削除してしまう場合があります。 そのため、大切な設定をバックアップしたり、異なる環境で設定を同期させられるように、セーブロード機能、インポート・エクスポート機能をご用意しています。

セーブロードの対象となるデータは下表の通りです。
ローカルストレージに保存される設定 Tabtterのサーバーに保存される設定
セーブロードの対象 セーブロードの対象外
基本設定
コンタクト
カラーラベル
ユーザーメモ
自動更新設定
ミュート
NGワード
ハイライト
グループ
タブ
各履歴(検索履歴等)
スクラップ
グループで抽出したツイート
マルチアカウント設定
下書き
アーカイブ
bitly API Key
フォロワー・アンフォローログ
自動と手動保存について
セーブロード機能は、手動によるセーブロードと、自動でのセーブロードを用意しています。 自動でのセーブロードは、設定が変更された時に、クライアントの終了時(ブラウザを閉じた時等)に自動で保存を実行する機能です。 自動保存された設定は、次回のクライアント起動時に、設定がPCに一切見つからない場合に、自動保存したデータをロードするかどうか尋ねられるので、「はい」を選択すればロードできます。 ただ、自動保存は、仕組み上、ユーザーが内容をコントロールすることはできませんし、変更が確実に保存されている保証も無いことにご注意ください。また、とりわけ複数の端末で利用したような場合、単純に上書きしていくため、自動保存されたデータは意図しない内容になっている場合もあります。 つまり、自動保存は、予期せず設定が失われたりした時や、出先のPC等から一時的にアクセスしたい時に、最低限の復旧ができるような、バックアップとリカバリを目的とした機能で、 設定を複数の端末で自動同期するような機能ではないことにご注意ください。 複数の端末で確実な同期を行いたい場合は、手動でのセーブロードを使う必要があります。

手動でのセーブロードは、任意のタイミングで、その時点の設定・履歴を確実に保存可能です。 保存スロットは5つあり、別々に保存できます。(自動保存されたデータはまた別に保存されます。) 尚、ロードすると現在の設定は上書きされ完全に失われるので、 慎重にやるのであれば、ロードする前に、現在の設定を別のスロットにセーブしておくことをお勧めします。 また、ロードは、ロード対象をチェックボックスで選択できます。(セーブは常に全ての設定が・履歴が保存対象となります。)
手動でのセーブロードのその他の注意事項
  • 非常に稀ですが、保存できる設定のサイズは上限があるため、大量のユーザーメモやミュート設定等がある場合には、エラーとなり保存できない場合があります。 この場合は、申し訳ございませんが、インポート・エクスポートをご利用ください。
  • 保存期間は3年となります。(3年以上たった設定は自動で削除されます)
インポート・エクスポート機能
「インポート・エクスポート」では設定をローカルPCにファイルとしてダウンロードしたり、 ダウンロードしたファイルをアップロードしてロードすることが可能です。 「セーブロード」は、セーブ時とロード時のマスタアカウント(Tabtterのログインに使ったアカウント)は同じである必要がありますが、 「インポート・エクスポート」はエクスポート時と異なるアカウントでログインしていてもインポート可能です。
その他の違いはTabtterのサーバーを経由するか、自身のローカルPCを経由するかだけで、基本的な機能は同じです。

ユーザーメニュー

ユーザーメニューは、TL上の名前右横の▼から開くことができるメニューです。 主にカラーラベルやミュート、フォロー等のユーザー操作を行うメニューです。 一部の操作は、ツイートメニューと重複しています。

ツイートメニュー

ツイートメニューは、特定のツイートの右上▼(オンマウス)から開くことができるメニューです。 主に、返信やリツイート等の個別ツイートに対する操作を行うメニューです。(一部ユーザー操作も含みます) また、オンマウスで表示可能なショートカットアイコンを設定することもできます。

尚、非公開ユーザーのツイートは、非公式RT(引用)、リツイート(自分のツイートは可能)はできません。(メニューが表示されません。) 非公式RT(引用)に関しては、自分自身も非公開ユーザーの場合は使用できますが、 この場合も、非公式RTによってそのユーザーに迷惑がかからないかどうかは、ご自身の責任で判断していただく必要がありますのでご注意ください。

複数ツイートメニュー

複数ツイートメニューは、ツイートをshift/ctrlを押しながらクリックして選択状態にし、その選択したツイートのどこかで右クリックすると出るメニューです。 まとめての返信や、スクラップやアーカイブにまとめて追加したり、いいねや削除を一度に実行できます。 尚、「基本設定」→「タイムライン表示」→「クリックだけで複数ツイートを選択」項目をチェックした場合は、shift/ctrlを押す必要はありません。 また、ESCキーで全ての選択を解除できます。

ドラッグ&ドロップ

任意のツイートやユーザーをドラッグ&ドロップすることができます。 ユーザーをドラッグするには、アイコンや@..上で長めに(約0.5秒)マウスダウンします。 ツイートのドラッグは、ツイートの日時上で長めに(約0.5秒)マウスダウンします。
いずれもユーザーやツイートの小さなボックスが現れるので、それをドロップします。
ユーザーの場合、リスト、グループタブ、検索フォーム、フィルタフォーム、サイドカラムTL表示エリア、ツイート作成フォームにドロップできます。 ツイートは、スクラップ、アーカイブタブ、ツイート作成フォームにドロップできます。 また、サイドカラム上でスクラップかアーカイブを開いている状態で、サイドカラムTL表示エリアにドロップするとそのツイートを追加できます。
尚、サイドカラム上でドラッグしたユーザー、ツイートはサイドカラムにドロップしてもそれは無視されます。 サイドカラム上でドラッグしたユーザーをサイドカラムで開くには、サイドカラム切替えメニューの右端「TL」タブにドロップします。

コンタクト

コンタクトは、よくコンタクト(接触)するユーザーに、素早くアクセスできるようにする目的で作られるローカル(PC内のみ)の履歴データベースです。
コンタクトの種類には、アクセス、返信、DM、フォロー、RT、いいねの6種類があり、新しいコンタクトを行うとそのユーザーが追加されます。 アクセスは、タブやスライドボックスでユーザーを開いた時等に追加されます。 フォロー、返信、DM、RT、いいねは、各アクションを実行時に対象ユーザーをコンタクトに追加されます。 ただし、返信に関しては、本文先頭の@..で明示的に指定されるか、または、直接の返信先ユーザーのみが追加されます。 また、タイムライン等を取得した時等に、各コンタクトに該当すると判断した場合も追加する場合があります。
通常コンタクトの仕組みやメンテナンスをユーザーが意識する必要は無いように設計されていますが、不具合等が発生した場合は、「設定」→「履歴等のクリア」から、 削除してみてください。
尚、アクセスとフォローは、コンタクトから除外することも出来ます。この場合は、「設定」→「基本設定」→「その他」→「フォロー(またはアクセス)をコンタクトに含めない」をチェックしてください。
コンタクトの種類は下記のように省略表示されます。

アクセス → acc, 返信 → rep, DM → dm, フォロー → flw, RT → rt, いいね → fav

保存上限は2000件で、1年以上何もコンタクトがないユーザーは自動的に削除されます。

@補完機能
コンタクトデータベースは、@補完機能でも使用されます。 @補完は、ツイート作成フォームで@を入力した時、DM宛先、サイドカラムやスタートタブの@..で直接アクセスするフォームで有効です。 @補完は「基本設定」で無効にすることも出来ます。
ユーザーの追加
コンタクトは基本的には履歴データなため、ユーザーを追加する作業は必要ありません。 ただ、初期状態では何も登録されていないため、データが最適化されるには少し時間がかかります。 このため、コンタクトを開いて右上の「インポート」からフォローしているユーザーをまとめて追加できる機能も用意しています。
プロフィール文
コンタクトのプロフィール文は容量を多く必要とするため、設定のセーブロードの対象外となります。 既存の設定が無いPCに設定をロードした場合は、プロフィール文は全く表示されない状態になりますがご了承ください。(使用しているうちに更新していきます)

下書き

下書きは、ツイート文等を保存しておける機能です。 テンプレートとして利用したり、後から送信するためにとりあえず保存しておくような利用を想定しています。 下書きは、そのアカウントのマルチアカウントを持つユーザーは誰でもアクセスしたり削除できることにご注意ください。

スクラップ

スクラップは、任意のツイートを保存しておける機能です。 これはいいねに似ていますが、全てローカル(ご自身のブラウザ)で高速に作動し、 公開されることもありません。 とても手軽に使えるので、例えば、返信するのを忘れないようにしておいたり、時間が無い時にとりあえず保存しておき、後から見返すような利用に便利です。
ただ、他のタイムライン同様、ローカルストレージに保存するため、 スクラップしたブラウザからしか見ることができません。 また、キャッシュをクリアするとスクラップも削除されてしまいます。 ですので、基本的には永続的な保存スペースではなく、一時的な保存スペースと考えてください。 (消えてしまうと困る場合や複数の環境からアクセスしたい場合は、アーカイブに保存してください。)
スクラップは200件まで保存でき、保存順に関わらず時系列順に並びます。 スクラップの情報は、保存時のスナップショットですが、ツイートメニュー(またはツイート複数選択時メニュー)で、最新のツイートを取得して更新することも可能です。 基本的には、ツイートの内容が変更されることはありませんが、ユーザー情報等が変更されたり、Twitter側の仕様変更等で画像のURLが変更された場合は、アイコンや画像が表示されなくなる場合があり、その場合に不都合があるようでしたら更新してください。
尚、Twitter側で削除済みのツイートもスクラップ側では保存されたままですので、返信や引用する時はご注意ください。(いいねやリツイートはエラーになるだけで、特に支障は生じません。)

アーカイブ

アーカイブは、ツイート及び、DMをTabtterのサーバーに恒久的に保存できる機能です。
基本的な仕様は以下の通りです。
  • Tabtterのサーバーに保存される
  • 一つのアーカイブへの保存件数が1000件まで
  • 公開レベルの設定が可能
  • DM(ダイレクトメッセージ)にも対応
  • マルチアカウントの場合、そのアカウントで作成したアーカイブは共有される
  • アーカイブ単位で任意のユーザーを指定して共有可能
アーカイブを使うには、先ずアーカイブを作成し、保存したいツイートやDMのメニューで、保存先のアーカイブを選択して保存します。
アーカイブのタイプには、ツイート(公開/非公開)とDM(非公開のみ)用があり、これらは後から変更できません。(ツイート用アーカイブの公開/非公開は変更可能) 公開アーカイブは、Tabtterからだけでなく、ブラウザで誰でもアクセスできるのでご注意ください。 公開アーカイブの場合は、当然のことながら、非公開ユーザーのツイートは保存できません。 (非公開アーカイブから公開アーカイブに変更した場合、非公開ユーザーのツイートが含まれていても表示されません。また、公開か非公開ユーザーかは、アーカイブ保存時のユーザーの状態がずっと使用されます。)
尚、Twitter側で削除済みのツイートもアーカイブ側では保存されたままですので、返信や引用する時はご注意ください。(いいねやリツイートはエラーになるだけで、特に支障は生じません。)
公開アーカイブの場合、ツイートの転載にあたるため、アーカイブ作成者はその行為の正当性・合法性をご自身で判断して担保する必要があります。 また、所有者からの削除依頼等に対しては迅速に対応する義務を負います。(削除する義務があるというわけではありません。)
ツイートの所有者から当サイトに削除要請等があった場合は原則としてアーカイブ作成者に対応してもらうように誘導します。しかしながら、第三者から見ても明らかに公益性が無い(誹謗中傷目的等)と判断される場合は、Tabtter管理者により削除されます。

アーカイブの絞り込み
1つのアーカイブは1000件までツイート(DM)を保存できますが、クライアントから最後の方のツイート(DM)を表示するのは大変なため、 アーカイブ内でキーワードによる絞り込みが可能です。 基本的には、単純マッチの絞り込みで、空白区切りはAND検索、|でOR検索になります。
アーカイブのマージ
ツールバーのアーカイブメニューの「マージ」から、任意の二つのアーカイブをマージ(合併)できます。 ただし、二つのアーカイブの保存ツイートの合計が1000件以下の場合に限ります。また、ツイート用とDM用、異なるアーカイブをマージすることはできません。 ツイート用アーカイブは、公開・非公開アーカイブ問わず可能ですが、非公開アーカイブを公開アーカイブにマージした場合、非公開アーカイブに含まれていた非公開ユーザーのツイートは表示できなくなります。(削除されるわけではないので、非公開アーカイブにすれば再表示可能です。)
いずれの場合も、マージした後に元に戻すことはできないのでご注意ください。尚、単にアーカイブから、別のアーカイブにコピーしたいだけであれば、アーカイブを開いてそこから別のアーカイブに保存することで可能です。
アイコン・添付画像に関して
Twitterのアイコン画像は、アイコンが変更されると、古いアイコンへのリンクは無効となり表示できなくなります。 このため、Tabtterのアーカイブでは、アーカイブ保存時にアイコンも取得し、将来アイコンが変更されても表示できるように、Tabtterのサーバーで代わりにホストします。 ただし、この仕様は、一部の古いアーカイブには適用されません。また、アイコンの取得に失敗する場合もあるので、100%の表示を保証するものではありません。
ツイートに添付された画像はTwitterへのダイレクトリンクですので、Twitter側の仕様変更でURLが変更されたり、ツイートが削除された場合は、表示できなくなります。
最新の情報に更新
アーカイブの情報は、保存時のスナップショットですが、ツイートメニュー(またはツイート複数選択時メニュー)で、最新のツイートを取得して更新することも可能です。 基本的には、ツイートの内容が変更されることはありませんが、ユーザー情報等が変更されたり、Twitter側の仕様変更等で画像のURLが変更された場合は、アイコンや画像が表示されなくなる場合があり、その場合に不都合があるようでしたら更新してください。
DMに関して
アーカイブされたDMに画像が含まれる場合、画像へのアクセスは認証が必要なため、そのDMの送信者または受信者のアカウントがマルチアカウントに含まれる場合だけ、画像は展開されます。
アーカイブの作成者とマルチアカウントに関して
アーカイブのオーナー(作成者)は、マスタアカウント(ログインに使用したアカウント)ではなく、そのアーカイブを作成時にアクティブになっていたアカウントになります。 アーカイブは、オーナーでなくても、オーナーのアカウントがマルチアカウントに加えられていれさえすれば、アクセスやツイート・DMの追加が可能ですが、 アーカイブ自体の削除・編集等は、オーナーのみ可能です。(アカウントマネージャで追加された場合は、アーカイブ権限が必要)
この仕様により、例えば、共有アカウントでアーカイブを作ることで、そのアカウントをマルチアカウントに持つメンバー全員で共同で情報収集等が可能になります。 尚、アーカイブを実際に作成した人(マスタアカウント)は記録に残りませんが、アーカイブにツイート・DMを追加した人(マスタアカウント)は、追加時にツイート・DM単位で記録され、アーカイブ上で表示可能です。 また、作成アーカイブ数の上限は、単純にマルチアカウントの全てのアーカイブ数の合計で判断するので、自分が作成したアーカイブが上限以下でも、新規にアーカイブを作成できなくなる場合があります。
アーカイブの共有
アーカイブの共有は、指定した任意のユーザーにアクセス権や追加・削除権を与え、共有できるオプションです。 共有オプションはアーカイブ作成後に、そのアーカイブをタブで開き、オーナーメニューの「共有」から設定します。
使い方は簡単で、閲覧権限、閲覧&追加・削除権限のフィールドに改行区切りで、@..を記入するだけです。 これで対象ユーザーのアーカイブリストや、ツイート(DM)追加時のアーカイブ選択メニューに自動的に表示されます。 対象ユーザーがユーザーIDを変更すると、このフィールドも変更する必要があることに注意してください。 尚、ユーザーIDは大文字小文字を区別しません。

※共有アーカイブにアクセスするには、指定されているユーザーIDでTabtterにログインしている必要があります。

※共有設定でアクセス可能になったアーカイブは、アーカイブ作成上限に含まれません。

例:
@tanaka,@kobayashiを閲覧のみ、@suzuki,@hayashiに閲覧と書き込み権限を与える場合
閲覧のみ:
tanaka
kobayashi
閲覧&ツイート追加・削除:
suzuki
hayashi

コレクション

コレクションは、特定のテーマでツイートを集めたタイムラインを作れるTwitter公式の機能です。
基本的な仕様については、開発者向けの情報ですが、下記をご覧ください。
https://dev.twitter.com/rest/collections

使い方としては、Tabtterで提供しているアーカイブやスクラップと基本的には同様です。 ツールバーのコレクションメニューからコレクションを作成して、 ツイートメニューから追加先のコレクションを選んで追加します。
ツイートの日付をドラッグして、コレクションのタブやサイドカラムにドロップして追加したり、 複数のツイートを選択(ctrl+クリック)してまとめて追加/削除も可能です。

尚、コレクションは、ツイートの並び順を、投稿日時か追加順かで、指定でき、 追加順の場合、後からの並び替えにも対応していますが、 Tabtterでは、現在のところ、並び替えの機能は提供していませんのでご了承ください。

ユーザーメモ

ユーザーメモは任意のユーザーに自分だけが見られるメモをつけることができる機能です。 メモはタイムライン上の名前の横に表示され、最初の20文字は表示されます。クリックするとメモを全て表示します。
メモはユーザーメニューから個別に設定するほか、まとめて編集してインポートすることもできます。 例えば、他のユーザーとメモを共有したい場合に便利です。 メモのインポート・エクスポートは、「設定」→「ユーザーメモ一覧」から行います。
インポートするデータの形式は、
@screen_name[改行]
メモの本文
となります。エクスポートで表示されるデータも参考にしてください。
インポートは、既存のメモへの追加で、同じユーザーのメモがある場合は上書きされます。

ソフトブロック

ソフトブロックはTabtterでだけ有効なソフトウェアブロックです。 通常のブロック(Twitter提供のブロック)と異なりTabtterでのみ有効ですが、 ソフトブロックの利点として、「相手に知られない」「検索にも適用される」「マルチアカウントで有効」というメリットがあります。 ただし、普通のブロックと違い相手が自分のツイートを見ることをブロックすることはできません。
基本的には、検索でバズワードをスパムするようなユーザーや、ブロックやアンフォローで関係性を拗らせたくないような場合に使うことを想定しています。 相手からのフォローやツイートの閲覧もブロックしたい場合は通常のブロックを使ってください。
尚、ソフトブロックを実行すると、既に取得したツイートも削除します。 その後、すぐにソフトブロックを解除してもそのツイートが復元することはありません。 もちろんリロード等で再取得可能ですが、一時的に非表示にするミュートとは全く違う機能であることにご注意ください。
ソフトブロックの解除は「設定」→「ソフトブロック」から直接編集するか、該当ユーザータブを開いてそこから削除することもできます。
ソフトブロックはミュートのブロックオプションと仕組みは同じですが、 全てのアカウント、全てのタイムラインに適用される、かなり強力な機能であることにご注意ください。 例えばホームでだけソフトブロックしたい場合は、ミュートの「有効期限なし+ブロックオプション」を使ったほうが良いでしょう。 こうすれば、@あなた宛では、該当ユーザーのツイートも確認できます。

ミュート

これは、Twitterの公式機能のミュートとは異なります。 Tabtterでは、Twitterのミュートは公式ミュートと呼び区別しています。 公式ミュートの仕様は、Twitterのヘルプをご覧ください。

ミュートは特定のユーザー・投稿クライアント・ワードでツイートをTL上から非表示にする機能です。 アカウント別・タイムライン別に適用され、また、有効期限を設定でき、期限を過ぎると自動で解除されます。
ユーザー・クライアントをミュートするには、各ユーザーメニュー・ツイートメニューから「この人をミュート」もしくは「(クライアント名)をミュート」でおこないます。 ワードミュートは対象タブのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)やテキスト選択時のコンテキストメニューから追加します。(半角英字は大文字小文字を区別しません。)
ユーザーミュートは、TLのアイコン下にショートカットボタンを表示可能です。また、このボタンでの有効期限の規定値も設定可能です。(「基本設定」→「タイムライン表示」→「ミュートボタンを表示」)
いずれのタイプでも、ミュートされたツイートがある場合は、新着チェックボタン横にアイコンが表示され、クリックすると詳細を確認できます。(これが目障りな場合は、「基本設定」→「その他」→「ミュート・NGワードの件数を表示しない」で非表示にもできます。)

ワードミュート
ワードミュートは、マッチングルールに従います。

※以前は/@..でユーザーを指定できましたが、これはマッチングルールの投稿者マッチ[@screen_name]に統合されました。現在、/@..は、単純に文字列として解釈するので、ご了承ください。

ブロックオプション
ミュートの有効期限指定メニューで、「ツイートを破棄」にチェックすると、 ミュートに該当するツイートはTLキャッシュに保持することなく破棄します。
これはソフトブロックと同じ仕組で、ツイートは保持されていないため、タブパネル上からミュートしているかどうかは確認できなくなります。 また、ミュート期限が切れても、新着チェックでは該当TLの最新ツイート以前の(ミュートされて破棄した)ツイートは表示されません。(リロード等での再取得はもちろん可能です)
ブロックオプションが有効なミュートは赤の*が付きます。 尚、ブロックオプション付きでミュートすると、取得済みのツイートからも該当するツイートはすぐに破棄するのでご注意ください。
本文のみ非表示オプション
ミュートの有効期限指定メニューで、「本文のみ」にチェックすると、本文のみを非表示にします。 非表示になった本文はその場で表示したり、プレビューすることが可能です。
引用ツイートについて
ミュート対象タイムライン中の引用ツイートについては、ユーザーミュートとワードミュートのみ適用されます。 ただし、ワードミュートについては、ステータス値を参照したマッチングは無視します。 尚、引用ツイートは完全に非表示になるわけでなく、クリックで表示可能です。

ハイライト

ツイートの特定の単語をハイライトさせる機能です。 基本的には、ハイライトさせたい色のフォームに単語を改行区切りで記述します。
マッチングに関しての注意事項として、先ず、マッチングの順序は、ハイライトワードが長い順にマッチングを行います。 ワードを書いた位置や色には依りません。 尚、最初にマッチしたワードに後のワードが完全に含まれている場合はマッチしますが、 最初にマッチしたワードを後のワードが跨いでいるような場合マッチしません。 例えば、「あいうえおかきくけこ」がツイート文として、「いうえおか」「おかきく」をハイライトワードに設定した場合、 最初に「いうえおか」がマッチしますが、後の「おかきく」は、「おか」を跨いでいるためマッチしません。 もっとも、通常単語でワードを設定すると思うので、このような状況はかなりレアなケースと思います。 また、リンク(スクリーンネーム(@..)、ハッシュタグ含む)を跨ぐこともできません。

現在のところ、以下のようなワードは設定できません。

・1字の数字のみのワード
・ワイルドカードのみのワード
・64文字以上のワード

また、ワードは大文字小文字を区別しません。

正規表現について
NGワード等で使える正規表現(<<RegExp>>)には対応していません。
ただし、ハイライトワード専用に用意した独自のワイルドカードあります。

[\d] 数字一文字にマッチ
[\dd] 数字の文字列にマッチ
[\w] 英数字一文字にマッチ
[\ww] 英数字の文字列にマッチ
[\?] 任意の一文字にマッチ
[\??] 任意の文字列にマッチ

これらは直接ワードに埋め込んで使用します。
尚、ワイルドカードもリンク(スクリーンネーム(@..)、ハッシュタグ含む)を跨ぐことはできません。

NGワード

ツイート本文に指定したワードが存在した場合に、ツイートを非表示にします。基本的には一行が一つのルールで、記述方法は、マッチングルールに従います。 NGワードはワードミュートと機能が若干被りますが、ワードミュートと異なり有効期限の設定がなく、マルチアカウントの場合はすべてのアカウントで共通して使用されます。 適用されるTLも、ワードミュートが個別に適用されるのに対して、NGワードはホーム(グループ)、リスト、検索の全てのTLが対象です。(@やDMには適用されません。) 基本的には半永久的なNG指定をNGワード機能で、一時的な設定をミュートでというように使い分けると良いでしょう。
尚、NGワードで非表示になっているツイートがある場合は、新着チェックボタン横にアイコンが表示され、クリックすると詳細を確認できます。(これが目障りな場合は、「基本設定」→「その他」→「ミュート・NGワードの件数を表示しない」で非表示にもできます。)
また、NGワードでは、JavaScriptコードを使っての判定も可能です。これは、十分な知識がある方を対象としており、記述方法のサポートは行っていませんのご了承ください。使い方はサンプルをご覧ください。

ブロックオプション
行頭に<!>を加えることで、ブロックオプションが有効になります。 ブロックオプションが有効な場合、ツイートの取得時にNGチェックが行われ、該当するツイートはTLキャッシュに保持することなく破棄します。 この場合、ツイートは保持されていないため、タブパネル上でNGにしているかどうかは確認できなくなります。 (ただし、既に取得しているツイートに対しては、破棄は行われず非表示にするだけです。)
本文のみ非表示
行頭に<#>を加えることで、本文のみを非表示にします。 非表示になった本文はその場で表示したり、プレビューすることが可能です。
引用ツイートについて
NGワード対象タイムライン中の引用ツイートについてもNGワードは適用されます。 ただし、ステータス値を参照したり、JavaScriptコードを使ったマッチングは無視します。 尚、引用ツイートは完全に非表示になるわけでなく、クリックで表示可能です。
記述サンプル
最も簡単な方法はNGにしたい単語を改行で並べるだけです。基本的には単純マッチ(大文字小文字区別なし)ですが、空白区切りでANDマッチ、 | 区切りでORマッチします。ワード先頭に-を加えるとNOT(否定)になります。詳しくは、マッチングルールをご覧ください。
hoge
http://
<!>ustream ブロックオプションが有効になります
#hoge -#hage #hogeを含み#hageを含まないツイートにマッチ。
[media] #hage
a|b|c|d
/home,/group(:groupname),/search(:keyword),/list(:list_name@list_owner)をルールの後に加えることで、特定のタブだけをNGにすることができます。(このタブ指定の記述方法は、マッチングルールでなく、NGワードでのみ有効な記述です。)
飲み会 /group:友達
ゴルフ /group:サッカーサークル
#live [@twitter] /home
りんご /search
りんご|みかん /search:facebook
>>フルーツ.*?(?:りんご|みかん)>> /search:レシピ
#hoge [*web] /list:music@tabtter リスト所有者も指定する場合は、list_name@list_ownerのように指定

※以前は@@..や/@..でユーザーを指定できましたが、これはマッチングルールの投稿者マッチ[@screen_name]に統合されました。現在、/@..は、単純に文字列として解釈するので、ご了承ください。

JavaScriptを使った方法のサンプルです。
サンプル表示

※JavaScriptCodeを使う場合は、自分自身でその安全性を確認している必要があります。(検証をしないままコピペをすると大きなリスクがあるのでご注意ください。)

フィルタ

フィルタは指定したキーワードでタイムラインからツイートを絞込む機能です。 記述方法は、マッチングルールに従いますが、フィルタだけの仕様として、 マッチ対象が、ツイート本文に加え、投稿者のスクリーンネーム(@..)、名前、展開済みの引用ツイート(本文のみでネストは3段まで)を含みます。 また、大文字小文字だけでなく、ひらがな・カタカナ、全角・半角英数字を区別しません。 尚、-[rt]等のよく使う組み合わせは、プリセットとして用意しています。(フィルタワード入力右▼の履歴・プリセットから)
カラーラベル(近似色)による絞り込みは別途カラーパレットから行えます。(キーワードと同時に使用した場合ANDでの絞り込みとなります。)
また、フィルタ使用時は、スクロール最下部での「自動で続きを読む」は常にオフになります。(手動で続きを読むことは可能)

品質フィルタ

品質フィルタは、リツイート数やいいね数、フォロワー数や被リスト数等の各ステータス値から計算式を作りフィルタとして使用できる機能です。 通常のフィルタでも、ステータス値によるフィルタリングは可能ですが、品質フィルタはより複雑な計算式を作れます。 この機能は、条件式の作成に、ある程度のプログラム知識を前提としていますのでご了承ください。

品質フィルタは、下記の各ステータス値と演算子から条件式を作成します。条件式で真になるツイートが表示されます。
一度、作成したフィルタは履歴として残るので、いつでも再適用可能です。また、複数のフィルタを同時に適用(AND)することもできます。

使用可能なステータス値(変数)
ツイートステータス
rt リツイート数
fav いいね数
ユーザーステータス
tweets ツイート総数
follows フォローしてる数
followers フォローされてる数
favs いいね総数
listed リストされている数(被リスト数)
days 利用日数
tpd 一日当たりのツイート数(tweets per day)=tweets / days
使用可能な演算子
<, >, <=, >=, ==, &&, ||, /, *, +, -, %, (), ?:条件(三項)演算子
サンプル
rt > 10 リツイート数が10以上
tpd < 100 || days > 10 1日のツイート数が100以下、または、利用日数が10日以上のユーザー
(fav + rt) >= 5 && followers > 10000 && listed > followers / 30 フォロワー数が1000以上かつ被リスト数がフォロワー数の1/30以上のユーザーでいいねとリツイートの合計が5以上
構文がおかしい場合は、作成時にエラーが表示されます。

条件式は、実際には、JavaScriptでeval('if (条件式) {...}');のように、実行されます。 このため、セキュリティリスクのあるコードを実行できてしまう場合もあるので、ご注意ください。 また、tweets等のステータス値に、0が入る場合もあるので、割り算を使用する場合はご注意ください。

マッチングルール

Tabtterでは、NGワード、ワードミュート、フィルタ、グループのワード抽出において、共通するマッチングルールによって、対象ツイートかどうかの判定が行われます。

基本的な仕様
  • マッチングはツイート本文が対象(フィルタのみユーザー名や展開済みの引用ツイートも含む)で、英字の大文字小文字は区別しません。全角スペース、改行、連続したスペースは半角スペースに置き換えてマッチングします。ひらがな・カタカナ、全角・半角英数字はフィルタのみ区別しません。
  • マッチングのタイプに、単純文字列マッチ、正規表現、ステータス値マッチ、特殊なマッチ等があります。基本的には、[..],<<..>>以外は、単純な文字列としてマッチングします。
  • AND(スペース区切り)、OR( | 区切り)が使用可能です。スペースを含む単語や特殊なマッチを文字列としてマッチさせたい場合は、""で囲む必要があります。
  • ()によるグルーピングは、使えませんが、ANDとORを組み合わせることは可能です。この場合、ANDから先にパースします。つまり、A B C | D E | F Gは、A B (C | D) (E | F) Gと認識します。A B C | "D E" | F Gは、A B (C | "D E" | F) Gと認識します。
  • ワード頭の-はNOT演算子(否定)となります。つまりマッチしないことが、マッチ条件になります。(-twitterならtwitterを含まないツイートにマッチ)
  • メタ文字(スペース,|,-等)をバックスラッシュ等でエスケープすることはできませんが、""で囲むことで、単語として認識させられます。""に"を含ませることはできませんが、この場合は、<<>>で囲み正規表現としてマッチさせる方法があります。
特殊なマッチ
公式RTは[rt]、返信ツイートは[rep]、メディア付ツイートは[media]、投稿者(RTの場合はRTしたユーザーも対象)は[@ユーザー名](完全一致)、投稿クライアント(RTの場合はRTしたクライアントも対象)は[*ワード](部分一致)でマッチできます。 尚、引用ツイートや非公式RT、ツイートを指定しない返信は、[rep]に含まれません。 [media]は、Twitter公式の画像・動画のみです。
ステータス値マッチ
ツイート及びツイートを投稿したユーザー(RTの場合は、RTされたツイート・ユーザー)のステータス値を参照してマッチングすることが可能です。 [ステータス名 比較演算子 数字]のように記述します。 使用できるステータス名は、品質フィルタと同じで、比較演算子は、<、>、=、<=、>=のみが使用可能です。
尚、アーカイブはステータスを持たないため、ステータス値はすべて0になります。
正規表現
<<RegExp>>とすると、正規表現として扱います。 全般的な注意としては、RegExpはJavaScriptの正規表現オブジェクトしてそのまま取り込まれますので、 仕様を正しく理解していないと深刻な不具合が発生する可能性があります。(例えば、メタ文字のエスケープ等も正しく行う必要があります。) 登録(適用)時に、簡単なテストをしてエラーのチェックをしますが、エラーがなくても、記述に問題があると(例えば複雑なバックトラッキング)非常に時間がかかってしまう場合があります。 また、正規表現自体が単純マッチに比べて何倍も重い処理なので、正規表現を使う場合は、最小限の範囲・記述に留めるようにしてください。 尚、正規表現の記述方法はサポートしてませんので、「JavaScript 正規表現」等でウェブ検索してください。
記述サンプル
http:// http://だけを含むツイートにマッチ
-http:// http://を含まないツイートにマッチ
りんご | みかん | バナナ OR(|区切り)でのマッチ
りんご みかん バナナ AND(スペース区切り)でのマッチ
りんご みかん バナナ 赤|青|黄 ANDとORを組み合わせてのマッチ
-[rt] NOT(-)でのマッチ(公式RTを含まないツイートにマッチ)
-[rt] -[rep] [media] 公式RT、返信を除いたメディア付のツイートにマッチ
[favs > 10] いいね数が10以上のツイートにマッチ
iphone [fav > 10] [followers > 1000] 本文にiphoneを含み、いいね数が10以上かつフォロワー数が1000以上のツイートににマッチ
<<^rt\s+@(?:screenname1|screenname2)>> @screenname1,@screenname2の非公式RTにマッチ
-<<...>> 正規表現と-演算子を組み合わせることも可能
[*twitter] クライアント名にtwitterを含む(公式サイト・アプリ)ツイートにマッチ
[@twitter] #twitter [fav > 15] @twitterが投稿して、#twitterを含みお気に入り数が15以上のツイートにマッチ

ダウンロード

ダウンロード機能はテキストベースの再利用しやすいフォーマットで特定のタイムラインのツイートをまとめてダウンロードできる機能です。 バックアップや、ツイートを分析するための基礎データとして使うのに最適です。
ダウンロードできるタイムラインと上限は下表の通りです。 (実際のダウンロード上限はTwitterAPIに依りますが正確な上限が公開されていないため、多めに設定できるようにしています。つまり、上限以上のデータがあっても、実際はそれ以下でしかダウンロードできない可能性もありますのでご了承ください。) 検索に関しては、期間を組み合わせることで、より多くのツイートをダウンロードできます。
  ユーザー あなた宛 DM いいね リスト コレクション アーカイブ 検索
DL上限 3200 1600 1600 2000 1600 2000 2000 2000
また、タブメニュー(タブを右クリック)からそのタブで保持しているツイートをダウンロードすることもできます。この場合、タイムラインの種類に関係なくダウンロード可能で、グループやスクラップのデータもダウンロードできます。(ミュートやフィルタが適用された状態でダウンロードされます。)

検索タイムラインの注意
検索タイムラインのダウンロードは、他のタイムラインのダウンロードと一部仕様が異なり、どこからダウンロードを開始するかの期間を指定できます。 期間は、7日以内で指定可能ですが、これは検索が7日以内のツイートだけを対象にしているためです。 また、期間はUTC(世界標準時)で指定されるので、日本時間では、その日付の+9時間のツイートが対象になります。
利用上のお願い
ダウンロード機能は一度に沢山のデータを取得するため必要最低限の範囲でご利用ください。
いいね、ユーザー、あなた宛、DMのダウンロードは200件に1つ、検索は100件に1つAPIを消費します。 残りAPIがダウンロードに必要な数を下回っている場合は実行できません。

ダウンロード中のエラーは致命的なエラーでなければリトライしますが、エラーが設定上限を超えると途中まで取得したデータでダウンロードします。 また、APIの仕様により件数は必ずしも正しくない場合があります。特にユーザータイムラインやいいねでは、削除されたツイートが多いとかなり少ない件数しか返さない場合があります。
ダウンロードできるファイルの形式はHTML、プレーンテキスト、TSV(タブ区切り)となります。 HTMLの場合は、ブラウザ上でそのまま表示されますので、件数が大きすぎるとブラウザがハングアップする場合がありますのでご注意ください。

フォロー状態表示オプション

「基本設定」→「タイムライン表示」→「フォロー状態をマークで表示」をチェックすると、全てのTLやユーザーリストにフォロー状態のマークを表示します。
フォロー状態は、サイドカラム上のフォロー/フォロワーリストを表示するために取得したデータから作成されるローカルDBでチェックします。 つまり、フォローをしたりやめたりしても、それが即座にタイムラインに反映されるわけではありません。 すぐに手動で最新の状態にしたい場合は、フォロー/フォロワーリストの両方を更新してください。
フォローまたはフォロワーの最新の5000人分だけでチェックをするので フォロー/フォロワーが5000人を大きく超える場合は、この機能はほとんど意味が無いのでオフにすることをお勧めします。

フォロワー/アンフォロー通知・ログ

フォロワー通知は、15分に1回フォロワーをチェックし、新しいフォロワー(またはフォローをやめた人)がいれば、 一回のチェックにつき最大100人まで通知したりログとして記録する機能です。 この通知をオフにした場合は、通知はせずに、サイドカラム上のフォロワーリストを更新するだけです。
また、通知設定に関わらず取得した新規のフォロワー/アンフォローはログとして、Tabtterのサーバー上に保存します。(保存期間は2年) このログは、サイドカラム「My」タブの「v」→「フォロワー/アンフォローログ」から参照できます。
尚、取得したフォロワーリストの差分から新規フォロワー/アンフォローを割り出す方式なので、100%正確な通知は期待しないでください。 また、直近5000人のフォロワーが対象なので、5000人以上のフォロワーがいる場合は、正確で無い場合や取得漏れが生じる可能性が高まります。

※ログの日時は、ログを取得した日時で、実際にフォロー/アンフォローされた日時ではありません。また、前回からの差分のため、長期間クライアントを起動しなかったりマルチアカウントの場合切替をしていない場合は、まとめての取得になります。

※表示の順序はフォロワーはあたらしくフォローされた順になりますが、アンフォローは順序に規則性はありません。

※サイドカラム一番下の自動更新設定で「すべてオフ」を選択した場合、15分毎のフォロワーリストの自動更新は行われません。

※アカウントの切替えのタイミングによっては通知されない場合があります。この場合もログから確認できます。

※フォロワー/アンフォロー通知・ログでは、最大100ユーザーまでユーザー名やアイコンを取得しますが、何らかの理由でユーザーを取得できなかった場合は、件数だけを通知します。例えば、フォローしていたユーザーが自分のアカウントを削除したような場合は、アンフォローとして認識しますが、ユーザーを取得できないため件数しか通知されません。

フォントの変更

Tabtterではフォントは特別指定しないため、ブラウザの標準設定のフォントが使用されます。 「基本設定」からツイート部分のフォントのみを変更できますが、どのようなフォントがインストールされているかはTabtterから検知できないため、 自分で正しいフォント名を指定する必要があります。
指定したフォントはスタイルシートのfont-familyにそのまま設定されるので、「font-family css」等で検索するとヒントになるかもしれません。
参考までに、一般的なフォント名は下記の通りです。
尚、設定はすぐに反映されますが、表示がおかしくなった場合は、クライアントを再起動してください。それでも表示がおかしいときは、ブラウザ自体を再起動してください。
Windows
メイリオ
Meiryo
MS Pゴシック
MS P明朝
Times New Roman
arial
Mac
Osaka
Hiragino Kaku Gothic Pro
Hiragino Maru Gothic Pro
Hiragino Mincho Pro
Helvetica
フォントは複数指定できます。(英字、日本語別に指定したい場合など)その場合,で区切ってください。
Times New Roman,メイリオ

アカウント管理・共有

マルチアカウント

マルチアカウント機能は、ログインに使っているマスタアカウントとは別のアカウントを追加して、利用できるようにする機能です。 マルチアカウントは単なるアカウントの切り替え機能だけでなく、アカウントの共有とチーム運用を実現する機能も併せ持ちます。
マルチアカウントは、本人が追加するアカウントをTwitter側で認証して自分で追加する方法と、プロプランを利用している他のユーザーにアカウントマネージャを使って追加してもらう方法があります。 両者の違いとして、与えられる権限が異なります。基本的には、自分で認証した場合は全ての権限を持ち、アカウントマネージャによって追加された場合は、追加した人が設定した権限しか与えられません。 (尚、「投稿アプリ設定」のように、完全に認証経由で追加した場合にしか実行できない機能もあります。)

追加できるアカウント数は各プランの上限に依ります。プロ・ワーカープランでは、追加できる数に制限はありませんが、ユーザー設定領域が追加するアカウント毎に必要なので、ブラウザや利用方法により上限があります。 多くのアカウント(10以上)をマルチアカウントとして使用する場合は下記の注意点をご確認ください。

  • 10アカウント以上を使う場合、原則としてブラウザはGoogleChrome、Firefoxをご利用ください。(ローカルストレージの容量が大きく安定性にも優れているため)
  • 全てのマルチアカウントで大量のグループを作らないでください。(グループによって抽出されたツイートは別に保存されるため、グループ数が多いと容量を圧迫します。)

以上を注意していただければ30アカウント程度は使用可能です。

尚、複数人チームで複数のブランドを管理する方法は、こちらをご覧ください。
マルチアカウントの仕組
マルチアカウント機能は、TabtterにログインしているTwitterアカウント(マスタアカウントと呼びます)とは別のTwitterアカウント(サブアカウント)を追加して、 自由に切り替えられるようにできる機能です。
例えば、A、B、CというTwitterアカウントをお持ちとします。 そして、AでTabtterにログインしているとします。 このとき、B、Cのアカウントを追加することができます。
ここで注意していただきたいのは、 アカウントの追加は、あくまで現在Tabtterにログインしているアカウント(マスタアカウント)をベースに、 別のアカウントを結びつけるという形になっているということです。
つまり、AにB、Cを追加してある時、AではなくBでTabtterにログインた場合は、 A、Cには切り替えることができないということです。 もちろん、Bでログインしたからといって不具合が生じるわけではありませんし、 ログインしているBにA、Cを追加することも出来ます。
しかし、基本的には、メインとなるアカウント(Tabtterにログインするマスタアカウント)を決めておき、そのアカウントに他のアカウントを追加するという形にすることをお勧めします。

尚、Tabtterにログインする時のTwitter側での認証に使用するアカウントがマスタアカウントになり、 クライアント右上のアカウント切替えメニューでが付きます。

Twitter側のログイン状態が残ったままだと、意図せぬアカウントでログインしてしまう場合があるので、認証画面でどのアカウントが選択されているか注意してログインしてください。(下のスクリンショットのように、通常認証画面の右上にTwitterにログインしているアカウント名が表示されています。別のアカウントにするには▼をクリックしてログアウトします。)
尚、マスタアカウントとサブアカウントは一部を除きクライアント内での機能的な違いはありませんし、マルチアカウントの設定はご自身にしか分かりません。 つまりログイン時以外は通常マスタかサブかを意識する必要はありません。

※アーカイブの共有はマスタアカウントが共有対象のアカウントなります。また、設定のセーブロードはセーブ時と同じアカウントでログインしてる必要があります。

※Tabtterには購入したアカウントでログインする必要があるため、基本的にはマスタアカウントの変更はできません。ただし、残りの有効期限を他のアカウントに移譲することでマスタアカウントの変更が可能です。詳しくは、「購入管理」の「有効期限を移譲」の説明をご覧ください。


アカウントマネージャ

アカウントマネージャは、プロプランのみで使えるチーム向けの管理機能です。 プロプランをご利用の場合は、アカウントメニュー(クライアントのツールバー右端の自分のアイコンをクリックして出るメニュー)に「アカウントマネージャ」項目が表示されます。
基本的にアカウントの追加には、各ソーシャルネットワークの認証を経由して本人が追加しますが、 企業アカウントやブランドアカウント等の複数人で共有することを前提としたアカウントの場合、 すべてのメンバーにパスワードを教えなくてはならず、これは安全上好ましくありません。 アカウントマネージャは、自身が認証経由で追加したアカウントを、他のメンバーに対してマルチアカウントとして追加できる機能で、 これにより、アカウントのパスワードを共有することなく、安全に各メンバーが共有アカウントを利用可能になります。
また、アカウントマネージャでアカウントを追加する場合は、権限レベルを細かく設定できるので、必要な権限だけをメンバーに与えることができ、不正利用のリスクを軽減できます。 さらに、各アカウントを誰がマルチアカウントとして利用しているかの状況確認も可能です。
尚、認証経由で追加されたアカウントは、Twitter側ですべての操作が可能になるパスワードを知っているということなので、利用者はプランに依らずすべての権限を持ちます。 原則として、チームでアカウントを共有する場合は、最低一人は管理者クラスのメンバーを設定し、アカウントマネージャ経由で集中的に管理することをお勧めします。

権限の詳細
通常投稿:クライアントから投稿・削除する権限
承認投稿:承認投稿を使用しての投稿権限(この権限は「通常投稿」権限にも含まれます。ですので、承認投稿だけを許可するには、通常投稿の権限はオフにする必要がります。尚、承認投稿の設定(誰が承認するか等)は、利用者が個別に行います。)
バックグラウンド投稿:投稿予約・リピート投稿から投稿する権限
DM(アクセス・送信):DMにアクセスしたり、送信する権限
プロフィール更新:プロフィールやアイコンを更新する権限
フォロー関連:フォローやブロック、ミュート、スパム報告等のユーザー操作を行う権限
リツイート・いいね更新:リツイート・いいね操作を行う権限
リスト・コレクション更新:リスト及びコレクションを作成・編集・削除したりユーザーまたはツイートを追加・削除する権限
アーカイブ更新:アーカイブを作成・編集・削除・マージ、ツイートを追加・削除する権限
投稿ボックス承認:投稿ボックスからの投稿を承認する権限
権限のいくつかは、すぐに反映されないものがあります。例えば、クライアントを起動中のユーザーの権限を変更しても、そのユーザーがクライアントを再起動するまで反映されないものもあります。 つまり、基本的には利用者の誤操作等を抑制するための機能で、極めて厳密な権限制御が求められるような利用は想定していません。

ログアウト

アカウントメニュー(クライアントのツールバー右端の自分のアイコンをクリックして出るメニュー)からログアウトできます。 ログアウトは、Tabtterでは、複数の端末からの多重ログインを許可しているため、「全ての端末からログアウト」と「この端末だけからログアウト」の二種類をご用意しています。 例えば会社と自宅のPCでTabtterをご利用の場合で、会社から「全ての端末からログアウト」を使ってログアウトすると、自宅のPCでもログアウトします。 この方式は安全性の高い方式ですが、若干利便性を損ないますので、選択性となっています。
尚、普段「この端末だけからログアウト」を使う場合も、定期的に「全ての端末からログアウト」で完全にログアウトすることでセキュリティが向上します。 (ログインセッションの有効期限は180日あるので、月に一回程度。) また、共用のPCでTabtterを使用してログアウトし忘れたような場合も、「全ての端末からログアウト」でログアウトすれば、 ログアウトし忘れた端末のログインを無効に出来ます。

ダッシュボード

ダッシュボードは、マルチアカウントとして登録している、各アカウントのメンション(@返信)とDM、及びフォロワー数の変移を一覧で表示できる機能です。
仕組みとしては、Tabtterのサーバーで各アカウントの新着をチェックしまとめて一覧として表示します。 @、DMは、最新ツイート・DMの日時と、3日以内のツイート・DMがある場合は最初の3件をサマリーとして表示します。 フォロワー数の変移は、最後にチェックしてからの増減を表示します。
通常は、この一覧は15分間キャッシュされますが、5分以上経過している場合は強制的にリロードも可能です。 アカウント数は20アカウントが上限となり、それ以上のアカウントをマルチアカウントでご利用の場合は、並び順で最初の20アカウントが対象になります。 また、個別にダッシュボードから取得対象外にすることも可能です。 ダッシュボードで表示する必要のないユーザーは対象外にすることで、全体の取得スピードも向上します。
尚、ダッシュボードはクライアントからだけでなく、独立したURLからもアクセス可能です。 (https://tabtter.jp/app/dashboard.cgiから) また、マルチアカウントとして利用していない場合も、(あまり意味はありませんが)ダッシュボードにアクセス可能です。

ログアウト

アカウントメニュー(クライアントのツールバー右端の自分のアイコンをクリックして出るメニュー)からログアウトできます。 ログアウトは、Tabtterでは、複数の端末からの多重ログインを許可しているため、「全ての端末からログアウト」と「この端末だけからログアウト」の二種類をご用意しています。 例えば会社と自宅のPCでTabtterをご利用の場合で、会社から「全ての端末からログアウト」を使ってログアウトすると、自宅のPCでもログアウトします。 この方式は安全性の高い方式ですが、若干利便性を損ないますので、選択性となっています。
尚、普段「この端末だけからログアウト」を使う場合も、定期的に「全ての端末からログアウト」で完全にログアウトすることでセキュリティが向上します。 (ログインセッションの有効期限は180日あるので、月に一回程度。) また、共用のPCでTabtterを使用してログアウトし忘れたような場合も、「全ての端末からログアウト」でログアウトすれば、 ログアウトし忘れた端末のログインを無効に出来ます。

投稿予約

投稿予約は、投稿日時を指定して投稿できる機能です。 Tabtterの投稿予約は、単なる予約に留まらず、マルチアカウントでの投稿管理の一元化や、チームによる共同編集も可能にします。

付加情報(返信・位置情報)の設定

返信先ツイート、位置情報も指定可能です。ただ、返信先ツイートと位置情報位置情報はクライアントの作成フォームから予約フォームに送ることでのみ指定可能です。 また、これらを予約フォームから編集することはできません。(削除は可能)
尚、クライアントからの返信では、返信先の@..を選択(除外)可能でしたが、投稿予約では、選択(除外)はできません。返信先ツイートに含まれるユーザーすべてが返信対象となります。

編集

投稿前の予約は編集が可能です。ただし、返信先ツイート、位置情報を登録後に編集することはできません。(削除は可能)

リツイートの予約

本文に、専用のリツイートタグ「<!RETWEET:https://twitter.com/xxxxxx/status/xxxxxxxxxxxx>」と記述して予約すると該当ツイートをリツイートします。 直接、本文に入力しなくても、クライアントのツイートメニューの「リツイートを予約」から入力できます。 尚、リツイートタグがあった場合、他に何か入力されていても無視します。

予約への返信

予約への返信は、まだ投稿されていない予約に対して、予約で返信する機能です。 この機能は、一連の連続したツイートを返信でつなげて投稿するような利用を主に想定したもので、 既存のツイートへの返信オプションとは異なる機能ですのでご注意ください。
まず、任意の予約を、予約で返信できるようにするには、返信先となる予約を、投稿オプションの「返信可能にする」をチェックして登録します。 これにより、予約リストに表示される予約に返信アイコン(右端)が表示されるので、 そのアイコンをクリックして、投稿を作成することで予約への返信として登録できます。

その他仕様・注意点等
  1. 返信可能な予約として登録する場合、投稿アカウントは一つだけ指定できます。
  2. 返信の予約は、返信先の予約より、必ず後の時間に予約する必要があります。
  3. 返信先の予約が投稿に失敗した場合や、投稿されたツイートや予約を削除した場合、その予約に対する返信は、ツイートを指定しない単純な@返信で投稿されます。Twitter側の仕様により、投稿自体が失敗する場合があります。(Twitterの仕様依存なため、どのような挙動になるか明言はできません)
  4. 返信はTwitterの仕様上必ず@..が必要です。予約への返信の場合も、フォーム上で本文の頭に自動で挿入されるので削除しないようにしてください。返信では、Twitter側で自動的に@..が保管されるようになりました。
  5. 返信先(@..)を複数含む場合、クライアントからは、返信先を選択(除外)できますが、投稿予約ではできません。(つまり、返信先ツイートが含むすべての返信先が返信の対象になります。)

マルチアカウント・クロスポスト

投稿予約も、マルチアカウントで追加したアカウントを選択可能です。
投稿予約はチームでの共同作業を可能にするため、予約した投稿の投稿先アカウントが一つでも、自分のアカウントリスト(マスタアカウント+マルチアカウント)に含まれるユーザーは、自分が設定した予約でなくても予約リストに表示されます。 投稿先に、自分のアカウントリストにないアカウントが含まれている場合は、予約の編集は出来ませんが、 削除やステータスの変更は可能です。この場合、削除や投稿保留にすると、その予約に含まれていた管理権限の無いアカウントにも投稿されなくなるのでご注意ください。 (これは、間違って削除してしまうリスクより、不適切な投稿を止められないリスクの方が大きいため、このような仕様となっています。)
尚、編集・削除権限の無いアカウントが投稿先に含まれている場合は、そのアカウントの名前は表示されません。ただし、リンク先のページから確認可能です。

画像

画像は4枚、動画は1つまで添付できます。

ステータス

予約は、実行待ち、保留、成功、失敗の四つの状態を持ちます。実行待ちと保留の切り替えは、リスト上から簡単に行えるようになっています。

インポート

インポート機能を使うと予約をまとめて登録できます。 詳しくは、インポートページの「使い方」をご覧ください。

正確性

投稿時間は若干のずれが生じる場合がございますのでご了承ください。
TwitterAPIの一時的なエラーで失敗した場合、3回までリトライしますが、一時的にAPIが不調になることも多いので、 重要なメッセージを配信する場合は、この機能の使用は避けることをお勧めします。 過去の投稿の成否に関しては、予約ページから確認できます。
尚、複数のアカウントにクロスポストした場合は、全てのアカウントで失敗すると「失敗」、一部が失敗すると「一部失敗」というステータスになります。 「一部失敗」の場合は、エラーメッセージはアカウント毎に表示されるので、メッセージ内容からどのアカウントがエラーになっているか確認できます。

上限

プラン毎に上限が異なりますが、上限値は投稿先アカウントは関係なく単純に利用者が予約登録した数で決まります。
尚、投稿終了から10日以上経過した予約、また、ステータスに依らず最終更新から400日以上経過した予約(保留したまま400日以上経過した予約等)は自動で削除されます。

その他の注意事項

投稿予約はチーム利用も考慮した設計のため、予約を登録した人の有効期限が切れていたとしても、予約済みのツイートの投稿が自動で止まることはありません。 また、投稿予約を利用できないプランにダウングレードした場合も、投稿予約にはアクセスできなくなりますが、この場合も、予約済みのツイートの投稿が自動で止まることはないのでご注意ください。

※この機能は「適正利用規定」が適用されます。

※必ず「Twitterヘルプ ポリシーと規約違反」をご覧ください。 アフィリエイトリンクを含む投稿を自動化することはTwitterにより禁止されていることにもご注意ください。

※投稿日時は分単位ですが、秒は0~59の範囲でランダムです。これは自然な投稿になるようにあえてランダムにしています。

※投稿予約には該当アカウントの「バックグラウンド投稿権限」が必要ですが、この権限チェックは登録時のみに行われます。既に登録された予約は、後から権限を剥奪しても投稿は中止されません。

リピート投稿

リピート投稿は、毎週2回まで、または毎月8回まで、特定の曜日、日にちに繰り返しツイートを投稿する機能です。 この機能は、投稿予約に似ていますが、一回きりの投稿で終わる投稿予約とは全く別の機能で、仕様もかなり異なります。

仕様・注意点等

※この機能は「適正利用規定」が適用されます。

※必ず「Twitterヘルプ ポリシーと規約違反」をご覧ください。 アフィリエイトリンクを含む投稿を自動化することはTwitterにより禁止されていることにもご注意ください。

※一般的に過剰な自動投稿はフォロワーを失う結果につながります。普段から十分な手動での投稿がない場合はこの機能の利用はお勧めしません。フォロワーにとってメリットがあるかどうかという視点で慎重にご利用ください。

※リピート投稿の登録には投稿先アカウントの「バックグラウンド投稿権限」が必要ですが、既に登録されたリピート投稿で、後から権限が剥奪されたり、マルチアカウントから外した場合は、そのアカウントでの投稿はスキップします。また、24時間以内に自動的に停止状態になります。

承認投稿

承認投稿は、投稿時に承認者の承認を得てから投稿できるようにする機能です。 この機能はライトプラン以上で使用可能です。 承認投稿を行うには、最初にクライアントツールバーの投稿アイコン右横▼の「承認投稿設定」から、承認投稿を使うための準備を行います。 この機能は、アカウントの管理者が特定の利用者の投稿を制限する機能ではなく、投稿者自身が自分の投稿の妥当性を第三者に担保してもらうための機能であることにご注意ください。 設定も、投稿者自身が行います。

承認投稿を使うためには、最初に、対象アカウントに対して、承認者及びあなたのメールアドレスと、使用レベル(「使用しない」「常に使用」「投稿時に選択」)を設定します。(承認者がTabtterの利用者である必要はありません。)

※登録されたメールアドレスが公開されたり、許可なく第三者に提供されたり、目的外利用されることはありません。


仕様・注意点等
承認投稿は、DM・投稿予約・リピート投稿には適用されないことにご注意ください。(アカウントマネージャで、バックグラウンド投稿、DM投稿権限はそれぞれ個別に設定可能です。つまり、承認投稿でだけの投稿を許可したい場合は、「承認投稿」権限のみオンにし、「通常投稿」「バックグラウンド投稿」「DM」権限をオフにします。)

承認投稿は、設定者のみに適用される機能であることにご注意ください。対象アカウントを他のユーザーがマルチアカウントで使用していても、そのユーザーには影響を与えません。

投稿ボックス

投稿ボックスは、企業・ブランドアカウント等でその関係者が誰でも直接投稿できるフォームを作ることができる機能です。 この機能はプロプランでのみ使用可能です。(承認作業はワーカー・パーソナルプランでも可能) 投稿ボックスを使うには、最初にクライアントツールバーの投稿アイコン右横▼の「投稿ボックス設定」から、投稿ボックスを使うための準備を行います。 設定が完了したら、専用のURLが発行されるので、投稿を許可する関係者にメール等で教えます。 無論、投稿ボックスからの投稿は、すぐに投稿されるわけでなく、承認者が承認して初めて投稿されます。
尚、投稿ボックスの承認者と、承認投稿の承認者は、関係がないことにご注意ください。 承認投稿は、Tabtterの利用者以外にも承認決裁権を持つ人を設定できる機能であり、投稿ボックスの承認者は基本的にはTabtterの利用者以外に設定できません。(ただし、「通知メールからのダイレクト承認の使用」を使う場合は、通知メールを受けた人は誰でも承認可能です。)

仕様・注意点等

RSS連携

RSS連携は、任意のRSSフィードを、管理するソーシャルアカウントに投稿する機能です。 RSS連携を行うには、最初にクライアントツールバーの投稿アイコン右横▼の「RSS連携設定」から、RSS連携を使うための準備を行います。

仕様・注意点等

※RSSフィードの登録には投稿先アカウントの「バックグラウンド投稿」権限が必要ですが、既に登録されたRSSフィードで、後から権限が剥奪されたり、マルチアカウントから外した場合は、そのアカウントでの投稿はスキップします。

投稿アプリ設定

投稿アプリ設定機能は、ご自身で作成したTwitterアプリで投稿する機能です。 投稿予約等を含め、全ての投稿に適用されます。
この機能は実質的には、ツイートに表示される投稿クライアント名を変更する機能とお考えください。(ただし、Twitterの公式ウェブサイトや公式アプリでは、クライアント名は表示されなくなっているので、それほど大きな効果があるわけではありません。)

尚、変更できるアプリの種類はウェブアプリのみですが、Twitterのアプリ登録フォームでcallback urlフィールドを空にすると、デスクトップアプリとして認識されるので、一時的にでもcallback urlになんらかのURL(http://tabtter.jp/等)を入力しておいてください。 また、この機能は原則としてサポート対象外となります。 恐れ入りますが、アプリの作成方法やConsumer key、secretの取得方法等は、お客様ご自身でお調べください。

アプリの変更は、クライアントツールバーの投稿アイコン右横▼の「投稿アプリ設定」からアカウント毎に変更できます。

トラッキング

トラッキングは、特定のキーワード(検索クエリ)を継続的にトラッキング(追跡)し、トラフィック測定や取得したログの保存やワード解析を行える機能です。
現在のところ、プロプランで一日1万ツイート、ワーカー・パーソナルプランで一日2000ツイート、試用版で一日1000ツイートまでという制限を設けています。 プロプランの一日1万ツイートという上限は、ほとんどの規模のブランドをカバーできる上限と考えていますが、 より広範囲のトラッキングを行える追加プランをご希望でしたらプランの拡充も検討しますので、フィードバック等でリクエストをお寄せください。

基本仕様


保存データ


ワード解析


一般的なチュートリアル

  1. 先ずは測定したいクエリ(検索ワード)を決めます。 貴社のブランドや競合他社のブランド、注目しているトピック等が対象になりますが、 クライアント上の検索でいろいろな組み合わせを試して、ノイズの少ない品質の高いクエリを探すことが重要です。 (クエリは、検索ワードそのものなので、高度な検索オプションにも対応します。 リツイートを除外する「exclude:retweets」、日本語だけを検索する「lang:ja」等があります。 例えば、「line exclude:retweets lang:ja」のように指定します。)
  2. 測定したいクエリのトラフィックを見積もります。 これはクライアント上の「流速」から簡単に割り出せます。(表示されない場合は「基本設定」で表示するようにしてください) 1リクエストで100ツイートまで取得できるので、1日の予想最大ツイート数/100が、通常、割り当てるべきリクエスト数です。 絶対に取得を漏らしたくないワードであれば、余裕を持って割り当ててください。
  3. トラフィック・頻出ワード・ツイートログはダウンロードできるのでローカルでの分析や資料作成にお役立てください。

チームでの共有

トラッキングの作成画面で、「共有アカウントの割り当て」という項目から、 マルチアカウントで追加されているTwitterアカウントを選択します。 これにより、そのアカウントをマルチアカウントとして持つユーザーは、 誰でもそのトラッキングにアクセス可能になります。
基本的には、そのトラッキングともっとも関連性の高いアカウントを割り当てることで、 特に意識することなくチームで共有できるようになります。

ユーザー投稿解析/フォロワー解析

ユーザー投稿解析/フォロワー解析は、任意(パーソナルは自分のアカウントのみ)のユーザーの投稿とフォロワーを解析する機能です。 解析機能は、トラッキングの解析と同じ方法で、基本的なワード解析と出現頻度によるランキングで可視化します。 この機能は、多くのAPIを消費するため、それぞれ実行回数に制限がありますので、ご注意ください。

基本仕様

制限について

尚、稀なケースではありますが、実行アカウントが共有アカウントで、他の誰かが同じラウンドに同じ実行アカウントで登録しているような場合も、15分毎の実行制限に該当し、実行が次以降のラウンドに繰り越される場合があります。

ワードアラート

ワードアラートは、特定のワード(検索クエリ)を監視する機能です。
基本的な仕様は、設定したワードを、指定した時間間隔で検索し、新しいツイートがあった場合や、トラフィックが設定した閾値(tph=ツイート/時間)を超えた場合、 設定されているメールに通知します。通知先は、5つまで指定可能で、通知後、指定した時間の間は再通知しないようにもできます。(通知インターバル) トラフィックは、24時間以内のツイート100件を取得(リツイートを含みません)し、その流速(tph=ツイート/時)を基に算出します。 ツイートが1件以下の場合は、0tphになり、1秒以上の差が無い場合は、算出できないため常に3600 * 取得ツイート数(通常100)tphになります。 通知内容は、件数とトラフィック速度(tph)、ツイート文(件数と時間範囲を設定可能)です。

この機能は、主に二つの利用目的を想定しています。
一つは、日常的にチェックしているハッシュタグ等で新しいツイートがあるかどうか自動でチェックする目的。
もう一つは、特定のワードの流速(tph)の変化を監視する目的。
前者の場合は、前回のチェックから1件でも新しいツイートがあれば常に通知するだけなので、設定は単純です。 後者は、トラフィック速度から通知条件が決まるので、適切なクエリワードの選定と閾値の設定が重要になります。 基本的には、クライアントの検索で、事前に検索クエリの品質や通常時のトラフィックを見積もり、閾値を設定するとよいでしょう。 閾値を0にすることで、常に通知するようにもできます。これは、定期的に、メールでトラフィック状況を確認したいようなときに便利です。

この機能で使用する検索APIの実行アカウントは、マスタアカウントが使用され、他のアカウントは指定できません。 最大でも10回/1時間なので、十分な余裕はありますが、常に実行し続けるため、チェック間隔は必要最小限の範囲で設定してください。 尚、有効期限が切れると、自動的に停止します。

webhook
閾値を超えたトラフィックを観測した時に、メール以外にも一般にwebhookと呼ばれる方法でイベントを通知可能です。
webhookは、指定されたURLに、Content-Type:application/jsonで、POSTリクエストします。 リクエストするデータのJSON形式は下記の通りです。
{
"query":"",//string 検索クエリ
"time":,//int unixtime 観測時間
"tph":,//float(6,2) 観測した1時間当たりのツイート数
"texts":[
"",//string
"",
...
],//array 通知対象のシンプルなツイート文配列
"tweets":[
{},//tweet obj see:https://dev.twitter.com/overview/api/tweets
{},
...
],//array 通知対象のツイートの完全なオブジェクト配列
}

尚、webhookは開発者向けの機能ですので、一般的な使い方や実装方法等のご質問はご遠慮ください。

日記

日記はブログのような記事を投稿する機能です。
日記には1記事あたり9枚まで画像を添付でき、手軽に旅行記やリポートを作成できます。 投稿した日記はTabtterのサーバーに保存されブログのように一般に公開されます。
新規で日記を投稿するとTwitterにも同時にリンクとタイトルを投稿します。 Twitter用のコメントも日記投稿時に設定できます。
日記の利用に際しての設定は特に必要なく、マルチアカウントの場合も、アカウントを選択して投稿できます。 日記の編集や削除は、日記一覧から行います。

アダルトコンテンツや青少年に悪影響を与える内容・公序良俗に反する内容を投稿することはできません。 違反がある場合は予告なく投稿を削除したり利用を停止する場合があります。

この機能はおまけ的な機能としてお考えください。

Q&A

利用環境に関して

対応・推奨ブラウザ

ブラウザの拡張機能やプラグインで、サイトの内容を書き換えるようなタイプのものをインストールしていると正常な動作は保証されなくなりますのでご注意ください。

アドブロック系のプラグインはページの内容を大きく書き換えるため、使用すると一切の動作は保証されません。使用される場合は、当サイトのドメインでは無効にしてください。(ホワイトリストに追加)

原則として、IE、GoogleChrome、Firefox、Safariの最新正式版をサポート対象とします。
ただし、IEに関しては、ローカルストレージにいくつかのバグがあり、Tabtterを長期的に使用すると問題が生じる可能性があるため、積極的にはお勧めしていません。
Operaも一応使用できますが、サポート対象外ですし、完全な動作を検証しているわけでは無いのでご了承ください。 また、iPad,Android等のタブレット(スマートフォン含む)でも可能な限りご利用頂けるよう最適化していますが、機能的には大きく制限されます。

※Tabtterでは、ブラウザのUserAgentを見て一部の処理を分岐させているので、必ずデフォルトの正しいUserAgentを設定してご利用ください。

「ローカルストレージの容量が上限に達し..」というエラーが頻繁に出る

ブラウザの設定でローカルストレージにアクセスできない状態にある場合もこのエラーが発生します。ブラウザのセキュリティ設定やセキュリティソフト等のが設定が強すぎないかご確認ください。

このエラーが極めて頻繁に出る場合、 特にIEでは長く使用しているとローカルストレージに削除できないキャッシュが残ってしまって、 使用領域が減っている可能性があります。これはIEのバグと思われますが、こちらでは解決できないため、お手数ですが以下の方法で確認・削除をお願いします。(IEだけが対象です。)
先ず最初に「キャッシュユーティリティ」(Tabtter Freeはこちら)からタイムラインキャッシュをクリアしてください。次に、容量を確認するで、残り領域を確認するためにしてください。設定や履歴の量にも依りますが、通常、4000K~5000Kbyteになるはずです。それ以下でも残り領域が2000Kbyte以上あればとりあえずは問題ありません。(ただし、タイムラインキャッシュを削除して4000Kbyte以下の場合は、削除できないキャッシュが存在している状態と思われるので、今後問題が起きる可能性があります。)2000Kbyte以上ない場合はTabtterを利用するには十分でないため、下記の方法で直接削除するか、別のブラウザをご利用ください。(残り容量が十分なのにこのエラーが出る場合は、他の原因によるものです。申し訳ありませんが、こちらでの調査は困難なので、別のブラウザの利用をご検討ください。)

1.最初に設定を保存
ローカルストレージをクリアすると、設定等も失われるので、最初に、クライアントの設定メニューの「設定・履歴のセーブロード」で設定を保存しておいてください。
2.キャッシュをクリアする
キャッシュユーティリティ」(Tabtter Freeはこちら)のすべて完全にクリアするを実行してください。この後、容量を確認するで、5000Kbyteになっていれば正常です。(3000Kbyte以上確保できていれば、しばらくは問題ありません。)
3.ブラウザから直接ローカルストレージデータを消去する方法
上の「2.キャッシュをクリアする」で、十分な容量が確保できない場合は、 IEの場合はツール→インターネットオプション→全般タブ→閲覧の履歴から、Cookieを削除します。 (ローカルストレージはCookieとは違いますが、IEでは個別にローカルストレージだけを削除する方法が無いため)
ただし、この場合、他のサイトの全てのCookieとローカルストレージキャッシュも消えてしまいますので、ご注意ください。

※一般的にCookieは消えることを前提としたデータなので問題は無いと思いますが、 会員制のサイト等ではログインセッションが消失し、再度ログインしなければならない場合があります。




IE以外のブラウザでは問題の発生は確認していませんが、エラーが多くでる場合は、やはりIE同様に一度ブラウザから直接キャッシュを削除してみてください。IEと違いTabtterだけをピンポイントで削除可能です。詳しくはブラウザのヘルプ等をご覧ください。

さらに、この方法でも解決しない場合は、マルチアカウントのユーザー数やグループ(抽出タブ)が多すぎて、キャッシュ容量を圧迫している可能性があります。 5アカウント以上追加している場合は、優先度の低いアカウントを削除してみてください。 グループも保存領域をかなり必要とします。全てのアカウントで15~20程度を上限の目安としてください。
また、ウイルス対策ソフトやセキュリティ関連のブラウザ設定等の影響でもエラーになる可能性があります。

※参考までに各ブラウザのローカルストレージ容量は、GoogleChrome・IE・Firefoxで10M、Safariで5M、Operaはユーザーで自由に設定可能となっています。(2017年8月現在) ユーザー領域は、1アカウント毎に最大100~200KByte程度で、タイムラインキャッシュは個別に20~60KByte程度のスペースが必要です。 尚、容量が一杯になった場合、タイムラインキャッシュを古い順から自動的に削除しますので、通常ユーザーが意識する必要はありません。

突然設定が消えてしまいました

Tabtterの設定の多くは、パフォーマンスを優先しローカル(ブラウザのストレージ)に保存しています。 ローカルストレージは、キャッシュのような一時保存とは違いますが、ブラウザの操作で簡単に削除できるため、Tabtterのサーバーに保存できる「設定・履歴のセーブロード」をご用意しています。
設定・履歴のセーブロードは、自動と手動があり、クライアントで設定の変更があった場合は、クライアント終了時に自動セーブが実行されます。 また、クライアント起動時に設定ファイルが無く、サーバー上に自動保存されたデータがある場合は、この設定をロードできます。
通常、この自動保存により、予期せず完全に設定が失われるという事態は、ほとんど回避可能です。 ただ、この自動保存は、バックアップとリカバリ、また、普段使わない端末からアクセスした時に最初の一回だけ設定をロードできるような利用を想定したもので、 複数の端末での自動同期を実現するものではないことにご注意ください。 日常的に複数の端末でご利用の場合は、手動でのセーブロードを使い、ご自身で設定を管理するようにしてください。

動作をできるだけ軽くしたい

Tabtterの動作スピードは、基本的にはブラウザに表示される要素の数に反比例します。
つまり、タイムラインのツイート保持数をできるだけ少なくし、設定でツイートに余計な要素を表示しないようにすることでブラウザへの負荷を減らせます。
例えば、シンプルなツイートメニューを使い、ミュートボタン、フォロー状態アイコン、日時、クライアント名を非表示にするといくらか表示スピードやタブの切替が速くなります。 ただし一番有効なのは、ツイート保持数を減らすことです。

タイムゾーン(日本国以外)に関して

Tabtterは、クライアント及びその他ツールで、原則として日本国のタイムゾーン(JST,UTC+9)での利用を前提としています。 クライアントや投稿予約等では、可能な限り、現地時刻(つまり利用者のPCのタイムゾーン)を基準に動作するようにしていますが、 完全な動作を保証するものではありません。 アナリティクス系は、ほとんどの機能が、完全に日本時刻固定で出力します。
日本以外でも使用できないわけではありませんが、利用者自身が現地時刻とのずれを考慮して使う必要があります。 尚、方針としては、今後、できる限り多くの機能で現地時刻で正常に動作するようにはしたいと考えています。

エラーや制限に関して

全般的なトラブルシューティング

問題を切り分ける
先ずは、下記の2つをご確認ください。
  1. 他のブラウザで試してみる → たとえばIEでのみ問題が起き、Firefoxでは起きなければIEの問題ということがわかります。
  2. Twitter公式ウェブサイトや他のTwitterクライアントを試してみる → 他のTwitterクライアントでも同様の問題が起きれば、サードパーティ向けAPIもしくはTwitter自体の障害ということがわかります。Twitter公式ウェブサイトでも同様の問題が起きれば、Twitter自体の問題ということがわかります。
お問い合わせ頂く場合は、出来るだけ上記の2つを予めご確認ください。お手数おかけして恐縮ですが、上記の2つがわからなければ回答自体が困難な場合が多いためご協力をお願い申し上げます。

尚、クライアント上でエラーメッセージが表示される場合は基本的にはそのメッセージ通りの理由です。Twitterから返されるエラーをそのまま表示する場合もあるので、メッセージが英語の場合がありますが、恐れ入りますが翻訳サイト等で内容をご確認ください。また、通信エラーやオーバーキャパシティー、技術的な不具合等のエラーは一時的なものである場合が多いので、しばらく(1,2日程度)様子を見てください。
一般的な問題の解消方法
上記の「問題の切り分け」で、Twitter側の問題と判断される場合は、基本的にはTwitter側にお問い合わせいただくか、Twitter公式ブログ等で障害情報がないかを確認してください。

次に、一般的に突然不具合が発生したという場合は、その間にPCに行った変更を疑ってください。 とりわけ原因として多いのは、ブラウザの拡張機能やセキュリティ系のソフトです。 これらは、HTMLやJSコード自体を書き替えてしまうこともあり、どのような不具合が発生するかの予想もできないので、このようなソフトを使用している場合、原則として動作保証はできませんのでご注意ください。 確認の方法は、疑わしい拡張機能やセキュリティソフトを一時的にオフにしてみることです。(通常そのような機能があります) これで問題が解決した場合は、ソフトの影響ということになるので、基本的にお問い合わせいただいても対応が難しい場合が多いのでご了承ください。(メジャーなソフトや設定での問題の場合は、できる限りの対応は致しますが、個別的なケースでは、基本的にはご自身での解決をお願いします。)

次に、一般的な解消手順をご紹介します。上から順番に一つずつ試し、問題が解決するか確認してください。
  1. ブラウザを全て終了して立ち上げなおす
  2. ブラウザに拡張機能やプラグインをインストールしている時は一時的に無効にしてブラウザを立ち上げなおす
  3. Tabtterからログアウトして、再ログインする
  4. PCを再起動する
  5. セキュリティソフト等を一時的に停止してみる
ここから下は実行するとTabtterの設定が失われます。事前に設定をセーブしておいてください。(スクラップやグループで抽出したツイートもクリアされます。)
  1. クライアント(Tabtter)の設定メニューの「リセット」を実行
  2. ブラウザのキャッシュをクリアする(他のサイトのクッキーが消える場合がありますのでご注意ください)
エラーの詳細を調べる
このセクションは、ある程度知識のある方向けですが、エラーの詳細を問い合わせ時にお知らせいただくことで、 すばやく問題を解決することができるようになります。
  • IEの場合、「F12」キーで開発者ツールを開き、「スクリプト」タブの「コンソール」を開き、エラーが表示されないかを確認する。 特定のアクションで反応が無いような場合は、開発者ツールを開いた状態で、ブラウザ上でそのアクションを行ってみる。
  • GoogleChromeの場合、「F12」キーで開発者ツールを開き、「Console」メニューを開く。後はIEの場合と同様にエラーを確認する。
  • Firefoxの場合、「ツール」→「web開発」→「エラーコンソール」を開く。後はIEの場合と同様にエラーを確認する。(関係のないサイトのエラーも表示されるので一度ログを「消去」してください。)

「APIを全て消費しているためリクエストを実行できません..」というエラーが出る

TabtterからのTwitterへのアクセスは機能毎に一定回数以上は制限されます。これはTwitter側での制限になります。 この回数は各機能毎に15分当たり15回、または180回で設定されており、これを超えると制限が解除されるまで、その機能は使用できなくなります。 どの機能であと何回リクエストできるか、何分後にリセットされるかという情報は、サイドカラム「My」タブの名前の左横のステータスアイコンをクリックするか、「プロフィールメニュー(名前右の▼)」→「残りAPI情報」から確認できます。 尚、残り回数が0の機能が一つでもあると、ステータスアイコンは三角に!の警告アイコンに変わります。

エラーばかり出る

ネットワーク越しにAPIを大量にリクエストするというTwitterクライアントの特性上、エラーはある程度は仕方ない部分があるのでご理解ください。
特に「Twitterの処理能力が限界..」や「タイムアウト」は、たまに出るぐらいであればそれほど気にする必要はありません。 ただ、連続して何度も出る場合や、特定の機能で常に出る場合は、Twitterの障害の可能性があるので、その場合は申し訳ないのですが公式サイトの利用をご検討ください。
また、開発者向けですが「TwitterAPIステータス」で、APIの状態を確認できます。

クライアント機能に関して

自動更新が機能しない

ツイートメニューやユーザーメニューが開いている時は更新を保留します。また、エラーが発生した場合も自動更新を保留する場合があります。
  • 通信エラーが発生するとそのタイムラインでは一定時間自動更新しません。この制限時間はタイムラインによって異なり、ホーム、@、DMは60秒、その他は3分です。ただし制限中も手動での更新は可能です。制限中は自動更新設定のプルダウンを開くといつ解除されるかが表示されます。
  • 各タイムライン毎に割り当てられている残りAPIとリセット時間、更新間隔から、残りAPIが足りなくなる可能性がある場合は、間隔を自動的に調整します。具体的には、(リセット時間までの秒数 / API残り回数)が更新間隔より大きい場合は、その値を更新間隔に使用します。(リストや検索など同じAPIを使用するタイムラインで、複数の自動更新設定されたタブがある場合は、それも考慮します。)
  • 致命的な認証エラーが出るとそのアカウントでの一切の自動更新はオフになります。(クライアント再起動でクリア)

いいねやリツイート済みのマークがおかしい

リツイートやいいねに追加すると該当ツイートの右下にマークが表示されますが、 キャッシュの関係で正しく表示されない場合があります。
また、これらの情報はローカルに保存されるため、別のPCからは表示されない場合があります。 リツイートや返信マークは、自分のツイートの情報から生成されるので、自分のタイムラインを開いて、 過去のツイートを読み込んでいけば、再表示可能です。 いいねは、各ツイートに使用しているユーザーがいいねしたかどうかの情報を持っているため、基本的には何もしなくても表示可能です。

メンバー一覧でフォローして無い人がフォロー中になることがある

フォロー/フォロワーリスト等のメンバー一覧で、 Twitterが返してくる自分がフォローしているかどうかを示すフラグに間違いがあることがあり、 稀にこのような現象が起こることがあります。

ギャップが無いのに現れる

新着チェックした際に、ギャップが無いのにギャップが現れることがあります。 これは、ギャップを100%確実に検知することが不可能なためで、仕様としてご理解ください。

リストの人数がおかしい

リストの一覧情報は取得してから一定時間キャッシュされます。 手動で更新可能ですが、リスト人数は追加・削除してもすぐに反映されない場合が多いです。(これはTwitter側で反映されないということです。)

なぜ誰がいいねしたかを知ることができないのですか?

Twitterで、そのようなAPIが一般に公開されていないためです。 恐れ入りますが、Twitter公式ウェブサイトのツイート詳細ページからご確認ください。

なぜツイートへの返信一覧を表示できないのですか?

いいねと同様、Twitterで、そのようなAPIが一般に公開されていないためです。 恐れ入りますが、Twitter公式ウェブサイトのツイート詳細ページからご確認ください。

尚、ツイートメニューの「返信を検索」で、返信を検索できますが、 これは専用のAPIではなく、通常の検索機能を使い検索するため、芸能人・有名人等の常に多くの返信があるアカウントでは、期待するような結果が得られないことがあります。 目安としては、一日100~200件以内の返信数で収まるアカウントに対しては有効です。

どうして、公式でできて、Tabtterでできない機能があるのですか?

先ず、Tabtterは、Twitterが提供するAPI以上のことをすることは不可能であることをご理解ください。 基本的にAPIでできて、Tabtterでは未対応な機能は、ほぼ無く、APIが新しくリリースされた場合も、可能な限り速やかに対応してきています。
尚、一部のクライアントでは、WEBスクレイピング等の禁止された方法で、APIで提供されていない機能に対応している場合がありますが、 Tabtterでは、100%Twitterが許可する方法しか使っていません。
現在のところ、主なAPI未対応の機能は以下の通りです。
  • アンケート作成・閲覧
  • モーメント作成・閲覧
  • お気に入りした人の表示
  • 特定のツイートへの返信の表示
  • グループDM
  • 写真のユーザータグ付け(表示や返信での除外も)
これらの機能への対応は、こちらに要望されても何もできませんので、Twitterに対して要望を送ってください。

タブを開くことなく新着表示数だけ消したい

新着表示数(ツールバー上(ホーム、@、DM)、グループメニュー上、タブ上)の新着数はその新着数をクリックすることで、新着数のみを消すことができます。

「不適切な内容を含む可能性がある」とサムネイルがマスクされる

Twitterでは不適切な画像(性的なものや残虐なもの等)が含まれる可能性のあるツイートには、その旨を意味するフラグがつけられていますが、Tabtterでは、このような場合、サムネイルをマスクしています。

このマスクが不要な場合は、

「基本設定」→「タイムライン表示」→「不適切な可能性がある画像も表示」

をチェックするか、または、

不適切な画像と表示されたツイートの対象ユーザーのユーザーメニューの「不適切な画像のマスク例外に追加」

から、特定のユーザーだけをマスクしないようにもできます。
尚、このフラグはTwitterが返すもので、Tabtter側で判断しているわけではありません。

動画が再生できない

Tabtterでは、Twitter側の動画がMP4がある場合ブラウザの標準プレイヤーで再生しますが、 これは、最もシンプルで標準的な方法での再生なため、この方法で再生できないというのは、一般的には、お客様サイドの環境に問題があると考えられます。 そのため、先ずは、ブラウザのヘルプをご覧の上、設定等を見直していただきたいと思います。また、ブラウザのバージョンが最新かどうか、 プラグイン(拡張機能)をオフにするとどうなるか等もご確認ください。
尚、Tabtterの「基本設定」→「動作」→「video.jsで動画を再生」をチェックすると、動画の再生にvideo.jsというライブラリを使用します。 video.jsは、flash等を使ったフォールバックの仕組みがあり、通常、再生できる可能性が高くなるので、 どうしても問題を解消できない場合は、このオプションもお試しください。

検索でヒットしない

検索はTwitterAPIから結果を取得するだけですので、使い方はTwitterの検索に準拠します。 仕様や、高度な検索オプションはTwitterのヘルプをご覧ください。 尚、公式サイトと異なり、APIでは7日以内のツイートまでしか取得できないのでご了承ください。

サイドカラムのフォロー/フォロワーリストのアイコン・名前が古いままで更新されない

フォロー/フォロワーのアイコンはAPI効率をよくするため、既に取得済みのユーザーの情報は毎回再取得しません。 このため、ユーザーがアイコンを変更したり、名前を変更してもすぐには反映されません。 ただし、最後のチェックから6時間以上経過している場合や、10回に1回の頻度では、完全に新しいユーザー情報を取得しなおすようにしています。
また、手動で更新することで、直ちにキャッシュを破棄し新しいユーザー情報を取得しなおすことができます。

新着フォロワー通知がおかしい

新規のフォロワー通知は、15分毎にチェックするフォロワーデータの差分を通知します。 しかし、APIが不完全なエラーを返したりすると、新着を間違って通知してしまう場合があります。 仕組上、完全な新着チェックは難しいのでご了承ください。

リツイートしたユーザー一覧やユーザー数がおかしい

Tabtterでは任意のツイートのリツイートしたユーザー一覧を表示できますが、 このユーザー一覧はあまり正確でない場合が多いです。 これはTwitter側の仕様と思われるので、ご了承ください。

つけてないはずのいいねマークが表示される

Twitterの返すフラグ(いいねしているかどうか)に誤りがあることがあり、稀にいいね登録していないのに表示されることがあります。

日時がおかしい

日時の相対時間表示はPCで設定されている時間が基準になります。 自動設定ツール等で正しい時刻を設定するようにしてください。

ダウンロードやコピーのTSVフォーマットとは?

TSVはタブ区切りのデータフォーマットで、エクセル等で開くことができます。 Tabtterでは、ユーザーや検索のダウンロード、タイムラインコピーTSV形式を選択できますが、 これらのフィールドは全て同一の構成となります。 フィールドの並びは、日時、@..、ユーザー名、ツイート本文、クライアント、リンク、返信先ツイートのパーマリンクです。
尚、公式RTの場合は、RTした人が対象で、RT元のユーザー名や日時は本文フィールドに追加されます。 また、本文中のタブや改行はスペースに変換されます。

リンクのトラッキングはできますか?

Tabtter独自のトラッキングツールは今のところ提供していません。 Tabtter内でのbitlyの短縮には対応しているので、bitlyを使ってのトラッキングが可能です。 bitlyについては、http://bitly.com/をご覧ください。
尚、bitlyのAPIキーはわかりにくいところにありますが、http://bitly.com/a/your_api_keyから確認できます。 ここに表示されたキーをTabtterで登録してください。

コメントつきリツイートはできますか?

Twitter公式のコメントつきリツイートとは、実際には、対象ツイートのURLを付加してツイートするだけの機能です。 Tabtterでは、ツイート引用で、同様の動作をします。 尚、引用対象のツイートURLが、本文の末尾にある場合のみTwitter公式に準拠したコメントつきリツイートとして処理され、この場合は、そのURLは文字数としてカウントされなくなります。 本文途中にツイートのURLを含めたり、複数のツイートのURLを含めることもできますが、この場合、本文末尾にある最後のツイートURL以外は、文字数としてカウントされ、Twitter側でもコメントつきリツイートとしては処理されません。 (この場合も、不具合が生じるわけではありませんが、公式サイトや他のクライアントによっては、引用ツイートとしては展開されない場合があります。尚、Tabtter内では、本文中のツイートURLは、すべて展開対象になります。)

「@あなた宛て」に引用ツイートが表示されません

メンションタブ(@あなた宛て)で引用ツイートが取得できるかどうかはTwitterの仕様次第であることをご理解ください。 尚、引用ツイートは実際には単に特定のツイートのURLを付加しただけのツイートですので、「https://twitter.com/your_name」等で検索して取得可能です。 urlの部分検索はできなくなったようです。

予期せぬユーザーが返信先に入る

タグ付けされた写真(誰が写っているかの情報が入った写真)のツイートへ返信すると、タグに含まれたユーザーが自動的に返信先に入ります。 これはTwitterの仕様ですが、APIではタグ情報を取得できないため、対応は現時点では不可能ですので、仕様としてご理解ください。 (予期せぬユーザーが返信先に含まれてしまうのが絶対に困る場合は、予め公式サイトでご確認ください。)

アカウント等に関して

無料ですか?

現在、Tabtterには、有償サービスのTabtter(tabtter.jp)と無料サービスのTabtter Free(f.tabtter.jp)があります。 Tabtterは、すべて有償のサービスですが、最初のログインから30日無料で使える評価用の試用版もご用意しています。
Tabtter Freeは、無期限で完全に無料のサービスです。基本的にTabtterとは、別のサービスとして独立して運用されており、認証やデータも共有されません。 ただし、Tabtter Freeに関しては、コンシューマ向けクライアントを規制するTwitter社の方針により、今後完全にサービスを終了する場合もありますので、予めご了承ください。 尚、Tabtter FreeからTabtterに移行する時は、Tabtter Freeの設定をエクスポートして、Tabtterでインポートすることで、環境を引き継ぐことができます。

Tabtter FreeとTabtterの違いはなんですか?

Tabtter Freeはクライアントだけの提供ですが、クライアントにおいても一部機能制限があります。
ただ、Tabtter Freeでも、現在は広告により収益化できていることもあり、以前に比べると機能差は少なくなっています。 基本的には、基本機能やUI、また、クライアントだけで完結し、サーバーリソースを消費しないような機能に関しては、Tabtter FreeとTabtterで違いはありません。

現在、クライアントにおいてTabtterだけが使える機能としては、
  • アーカイブ
  • 下書き
  • ダウンロード
  • フォロー/アンフォロー通知・ログの参照
  • bitlyでの短縮
  • 投稿アプリの変更(自作のTwitterアプリでの認証/投稿)
  • オリジナル通知音、背景画像のアップロード
等があります。(その他にも細かい違いはあります)
マルチアカウントは、Tabtter Freeは、3アカウント(メイン1+サブ2)まで使用できます。

尚、Tabtter FreeからTabtterに移行する時は、Tabtter Freeの設定をエクスポートして、Tabtterでインポートすることで、環境を引き継ぐことができます。

Tabtter Freeではなぜパスワードを設定するのですか?

Tabtter Freeでは、最初のログイン時(Twitterでの認証後)に、次以降にログインするためのパスワードを設定する必要があります。 これは、将来的にTabtter FreeがTwitter社により認証規制された場合に、既存のユーザーであっても認証経由でログインできなくなる可能性があることから、 そのような事態を回避する目的で予め準備しているものです。
したがって、通常は(規制された状態でなければ)、認証経由の「Twitterアカウントでログイン」と「パスワードでのログイン」どちらを使用しても構いません。

使用するパスワードについては、セキュリティー上、Twitterのパスワードとは別のものを使用するようにしてください。(もちろん当サーバーではハッシュ化して安全な状態で保存しています。) また、パスワードは、クライアントのアカウントメニュー(クライアントのツールバー右端の自分のアイコンをクリックして出るメニュー)の「ログインパスワード再設定」からいつでも変更できます。 尚、Twitterへのアクセスに使用する認証トークンが失効すると、Tabtter Freeにログインできても、Twitterにはアクセスできなくなるのでご注意ください。 (通常、Twitterの認証トークンに有効期限はないので、公式サイトから手動で連携を解除しない限り、失効することはありません。)

尚、有償のTabtterでは、規制上限のユーザー数に達することはまずないと思われるため、このようなパスワードでのログイン機能は用意していません。

試用できますか?

はい。最初のログインから30日は試用版となり、全て無料でご利用頂けます。(機能制限あり)
30日経過すると、クライアントが起動できなくなるので、継続してご利用いただける場合は、ご希望のプラン・期間をご購入ください。(試用中も購入可能です。)

尚、お客様からの明確なお申し込み無しに購入が行われたり、料金を請求するようなことは絶対にありませんので安心してご利用ください。
また、恐れ入りますが、システム上、試用版ではマルチアカウント等多くの機能が制限されています。いずれのプランも初期費用無しで、最短期間30日分だけの利用もできるので、全ての機能を評価したい場合は、最短日数での購入をご検討いただければ幸いです。
試用版の機能制限や、料金・プラン等は、こちらをご覧ください。

有効期限が残っているのに使用できない

先ずは、Tabtterにログインしているアカウントが、購入したアカウントになっているかご確認ください。
複数のアカウントをお持ちの場合、意図せぬアカウントでTabtterにログインしてることがよくあります。
詳しくはこちらをご覧ください

クライアントや投稿予約で追加したはずのアカウントが出ない

マルチアカウント含めアカウントの情報はTabtterのサーバー上で一定時間キャッシュされます。
基本的には、アカウントの追加・削除等のイベントでこのキャッシュは削除されますが、 場合によってはこれがうまく機能せず、古いキャッシュを参照してしまう場合があります。
このような場合はお手数ですが、一度ログアウトして再ログインしてみてください。 これにより、アカウント情報のキャッシュはクリアされます。 詳しくはこちらをご覧ください

非公開ユーザーで使えますか?

はい。 ただし、フォローリクエストの承認はTwitterサイトから行う必要があります。

アーカイブ・日記のユーザー名やアイコンが古いままです

アーカイブ・日記に表示されるユーザー名やアイコンは、新しく日記やアーカイブを作成した時に最新の情報を取得します。 ただし、48時間はキャッシュされるため、この間は最新の情報は取得しません。 つまり、ユーザー情報の変更から48時間以上が経過した後、アーカイブか日記を新規で作成しすぐ削除すれば、確実に更新可能です。

Twitterの@..を変更した

Twitterでは@..を変更可能ですが、Tabtterにおいては、非常に広範囲に影響を与える変更であることにご留意ください。
まず、Tabtter側のDBと不整合が発生して一部不具合が発生する可能性があります。 これらは、通常自動的に更新されますが、すぐに確実に反映させるには、そのユーザーを再認証してください。(新しい@..でTabtterのDBが上書きされます。)
クライアントでは、ブラウザにキャッシュされたタイムラインに古い@..が含まれると不具合が出る可能性があるので、タブをすべて閉じて、再度作り直すことをお勧めします。 リストタブの場合は、リストのメニュー自体もキャッシュされるので、メニュー上の「更新」で再読み込みしてからタブを開いてください。

また、他のユーザーが@..を変更した場合、対象となるカラーラベルやミュート、ソフトブロック、グループ、アーカイブ共有設定等がある場合、ご自身で再設定が必要になります。

退会したい

Tabtterには独自のアカウントはありませんので、基本的には退会という概念はありません。
Tabtterのサーバー上に残るお客様の情報としては、Twitterアカウントの基本情報、OAuthトークン、セーブした設定、下書き、投稿予約・トラッキング等バックグラウンド系ツールのデータがありますが、 この内、ほとんどの設定やデータは、お客様自身で削除可能です。 Twitterアカウントの基本情報、OAuthトークン、購入履歴はシステム管理上削除することはできませんが、 当サイトのシステム管理上必要なもので、また、それによりお客様に不都合や不利益が生じることはありませんので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
尚、有効期限や試用期限が切れるとクライアントは起動できなくなるので、削除が必要な場合は、予め余裕を持って削除してください。
また、Tabtterを認証したトークンは保存されたままですが、Twitter公式サイトで無効に出来るので、必要であればお客様の方で操作してください。

複数人チームで複数のブランドアカウント等を共有できますか?

はい。可能です。
Tabtterのマルチアカウントは極めて柔軟にチーム運用できるように設計されています。しかもTabtter内で複雑な設定をしたりする必要もありません。
具体的には、下記のような方法をとります。
  1. 先ずはチーム全員のログイン用アカウントをTwitterで作成します。これはTabtterへのログインにだけに使用して、実際につぶやいたりしなくても結構です。
  2. メンバーは、必ずログイン用アカウントでTabtterにログインします。
  3. 各メンバーが管理したい共有アカウント(ブランドアカウントや企業アカウント)をマルチアカウントとして追加します。
この方式だと、例えば情報収集のようなメンバーの個別業務と、共有アカウントでの業務を明確に分けることができるようになります。 また、個別作業のログイン用アカウントを作ることで、使用可能なAPI回数が有利になります。
共同作業に関しても、例えば、投稿予約は、マルチアカウントとして追加していれば、同一データにアクセスできるので、複数人で作業可能です。 アーカイブも共有アカウントで作れば、その共有アカウント専用の情報収集・共有が簡単にできます。また、トラッキング等の各種ツールもほとんどが共有アカウントを使った共有設定が可能になっています。 チーム内での作業依頼も、ログイン用アカウント宛にDMを使って依頼できるようになります。
尚、Tabtterではログインに使ってるアカウントがマスタアカウントとなり、例えば、設定のセーブロード等はマスタアカウントが対象になります。 このため基本的には、共有アカウントでTabtterにログインすることは避けてください。

この方式で運用する場合のコツは下記の通りです。
  1. 共有アカウントのパスワードはメンバーで共有せず、チームマネージャがアカウントマネージャで追加する(各自にパスワードを教え認証経由で追加することもできますが、通常お勧めできません)
  2. メンバーの役割・ポリシーを明確にして適切な権限を設定する
  3. プライベートのアカウントはマルチアカウントには加えない。可能であれば、ログイン用アカウントはTwitterで非公開アカウントにする
  4. 運用に慣れてないメンバーは、承認投稿の使用も検討する
お支払いについて
  1. お支払いはマスタアカウントが対象なので、マルチカウントとして使用する共有アカウント分をお支払いいただく必要はありません。ただし、チーム全員のログイン用アカウント分を個別にお支払いいただく必要があります。(管理者クラスのメンバーはアカウントマネージャがあるプロプラン。一般メンバーはワーカー・パーソナルプランがお勧めです。ライトプランは、マルチアカウントが使用できないのでチームでの利用はできません。ベーシックプランは投稿予約がないのでご注意ください。)
  2. 支払いをまとめて行うことは今のところできません。お手数ですが、各メンバーが各自で必要なプランを購入するという形になりますので、ご了承ください。

購入等に関して

プラン選択のヒント

基本的な位置付けとして、パーソナル・ベーシック・ライトは個人利用、プロ・ワーカーは業務利用を想定しています。 尚、クライアントに関しては、各プランで機能的な違いはありません。 各プランの主な違いは、マルチアカウント数やクライアント以外のバックグラウンド系ツールの利用可否・上限値になります。これらは全て「料金・プラン」に明示されています。

複数のアカウントをチームで運用したい

管理者クラスのメンバーにはプロプラン。一般メンバーはプロ・ワーカー・パーソナル・ベーシックプランを役割・権限に応じて選択。(通常はパーソナルプラン以上がお勧めです。) プロプランを使わなくても、各自で共有アカウントを認証すればチーム運用可能ですが、基本的には共有アカウントは、プロプランのアカウントマネージャで集中的に管理する方法をお勧めします。 尚、同一チームで複数のプロプラン利用者が居ても問題ありません。

一人の担当者ですべて運用したい

通常はプロプランがベストな選択となります。広範囲のトラッキングや投稿ボックスが不要ならワーカープラン。

5アカウント以上のアカウントの管理が必要

プロ・ワーカープラン以外の選択肢はありません。通常はプロプランがベストな選択となります。広範囲のトラッキングや投稿ボックスが不要ならワーカープラン。

クライアントだけ利用したい

ベーシックかライト。複数アカウント必要ならベーシック。

どのように購入しますか?

試用期間中は、クライアントのサイドカラム→「サポート他」→「購入」から、購入手続きを行ってください。 試用期間(もしくは有効期限)が切れている時は、クライアントを起動できなくなりますが、その時に、購入方法が表示されるので、案内に従って購入手続きを行ってください。

有効期限はどのように延長しますか?

有効期限が25日を切ると、延長購入が可能です。 購入管理にアクセスすると、 延長購入の方法が表示されますので、案内に従って購入手続きを行ってください。

プランを変更できますか?

有効期限が残っている間は、アップグレード(上位プランへの変更)のみ可能です。 ダウングレードには対応していないので、有効期限が完全に切れてから、新たにご希望のプランを購入してください。 有効期限が完全に切れても、基本的には、保存データ等に影響はありません。 その他詳しくは、こちらをご覧ください。

ログインアカウント(マスタアカウント)を変更したい

購入管理の「有効期限の移譲」から可能です。
この機能は、購入した使用期限を別のユーザーに移す機能ですが、 実質的にはログインアカウントを別のアカウントにする目的のためにご用意しています。 そのため、任意のユーザーに移譲できるわけでなく、ご自身で追加したマルチアカウントにのみ移譲可能です。
尚、この機能は、有効期限以外にも、移譲元のデータ(投稿予約や各種設定等)も移動するため、 データの整合性等で一定のリスクがあることをご了承ください。詳しくは、「有効期限の移譲」ページの注意書きをご覧ください。

※曖昧な書き方で恐縮ですが、処理内容としてはかなり広範囲のデータを 書き変えるため、こちらでも完全な検証や保証が難しいことをご理解ください。 無論、ログインできなくなった等の致命的な不具合はサポートしますが、 一部の設定が失われた等の不具合はサポートできない場合があるので、その旨ご了承の上ご利用ください。

ビジネス

成果を上げるためのヒント

Tabtterをどのように利用すればアカウント運用のパフォーマンスを向上できるか興味があると思います。 Tabtterをより効果的に活用するヒントをいくつかリストアップしますのでご参考になさってください。
  1. どのような投稿が成果に結びつくか、把握するようにいつも心がけます。アカウント解析は、投稿とエンゲージメントの基本的な関係性を可視化しますので、傾向を掴むことができます。
  2. 顧客のフィードバックを大切にしましょう。顧客からのメンションに個別に返信することは、あらゆるエンゲージメント(新規のフォロワー獲得やリツイート等)の向上に効果があることがわかっています。スクラップやアーカイブ機能も活用してください。
  3. メンション以外にも自社に関する製品やトピックをモニタリングし、ユーザーの会話に参加しましょう。押し付けがましく会話に割り込むのでなく、ユーザーにメリットのある情報を提供しましょう。
  4. 投稿の最適化を心がけましょう。投稿はTwitterにおけるソーシャル活動の最も重要かつ中心的なものであり、一つ一つの投稿の効果を最大限高める戦略を持つことが重要です。最適なタイミングにフォアグラウンドでの投稿が難しい場合は、投稿予約機能を利用します。
  5. 投稿アプリを自作のアプリに変更しましょう。アカウント毎に最適化したアプリ名やリンクを設定できるので、投稿の信頼性を高め、さらにブランドサイト等への誘導もできます。
  6. Twitterでのトレンドや流行に敏感になりましょう。トップツイートや拡張されたトレンドは流行を把握するのに最適です。流行のネタを取り入れ、Twitterのユーザーを楽しませるようなツイートを投稿することで大きな成果を上げることもあります。
  7. Twitterのユーザーは現場のライブ感溢れる投稿を好む傾向にあります。投稿ボックスを使い社員や関係者に広範囲に投稿権限を与え、運営に協力してもらいましょう。
©2010-2017 Tabtter.